カジノゲームの中でも人気のあるゲームには、アニメキャラクターが起用されているゲームが多いですよね?
綺麗なグラフィック、綺麗なサウンドが起用されているゲームも人気がありますが、やはりアニメキャラクターが起用されていて、ストーリー性のあるゲームの人気は急上昇中です。

コンピューターゲームにおいても、アニメキャラクターのロールプレイゲームなどは新作がリリースされるたびにヒットを生んでいます。ゲーム歴史から見ても、「スーパーマリオブラザーズ」や、「イーアルカンフー」は、1980年にゲームウォッチが誕生してから、初のアニメちっくな画像が起用されたゲームとして発売と同時に瞬く間にメガヒットとなりました。

きらびやかなイメージのオンラインカジノサイトから、コンピューターゲームちっくなカジノサイトまで、プレーヤーの好みによって選択ができるようになってきました。

もし、オンラインカジノサイトが無地で、スロットなどにもストーリー性がなければ、プレーヤー達は見向きもしないでしょう。ジャックポットシティカジノやラッキーニッキー、ベラジョンカジノなど、人気のあるカジノサイトはどれも印象的なアニメキャラクターが起用されています。

スロットとアニメ

Play’n GO(プレイエンゴー)社の「ムーンプリンセス」は、異色の美少女アニメ系テーマで、絵柄も「ワイルド(隣が何でも消える)」「ラブの顔」「スターの顔」「ストームの顔」「ベル」「ラブのアクセサリ」「スターのアクセサリ」「ストームのアクセサリ」など可愛いらしいデザインで、女性プレーヤから人気のあるスロット機種です。

NetEnt(ネットエント)社からは、アメリカの人気アニメ「South Park(サウスパーク)」をモチーフにしたスロットゲームなども配信されていて、今やゲームプロバイダーとアニメは、切っても切り離せない関係となってきているのです。

カジノと漫画

カジノゲームがアニメを起用しているように、またその逆もあります。
カジノをテーマにした漫画も、なかなか読み応えがあります。「ライアーゲーム」はその中でも性別を問わずハマる漫画として知られています。
2007年4月14日から、フジテレビ系列で、土曜日23:10 – 23:55に新設されたドラマ枠「土曜ドラマ」の第一弾として放送されていたことでも有名です。

他にも、「賭博黙示録 カイジ」「ギャンブルッ」「ジャンケット」「蟻地獄」なども発売されています。