初の実写化!「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」

元ネタとなっている作品は、世界中で爆発的ヒットを起こしたテレビゲーム『スーパーマリオブラザーズ』です。1993年にアメリカで50億円もの製作費をかけた実写映画として知られています。

ゲーム本来のコンセプトとしては、「マリオ」と「ルイージ」の兄弟が捕らわれた「ピーチ姫」を「クッパ大王」から奪還するというものですが、この作品でも悪者にヒロインがさらわれる」という点は踏襲しています。ゲームのような痛快な展開というわけにはいきませんが、ハリウッド映画らしく迫力満点でドラマティックな内容が大きな魅力です。

キャッチコピーを見ても分かる通り、少々原作とは異なる内容で制作されているため、キャラ設定に多少の変更がある点がポイントです。たとえば、主人公であるマリオとルイージは「名前」であり、これとは別に「苗字」が設定してあります。しかも、その苗字は「マリオ」なので、ルイージ(ルイージ・マリオ)はまだしもマリオに至っては「マリオ・マリオ」というわけの分からないものになってしまっています。

また、ヒロインであるピーチ姫は原作通りの設定で登場するわけではなく、地下帝国の王女である「デイジー」の通称としてのみ登場する形です。しかも、恋仲になるのはマリオではなくルイージの方と明後日の方向にベクトルが向かい続ける作品に仕上がっています。原作とは大幅に変わっているものの、「最強マリオ」をより強く実感できる良作と言えます。

実写で迫る恐怖!「バイオハザード」シリーズ

ホラーゲームの金字塔と言っても過言ではないほど全世界で人気を博した作品『バイオハザード』は、日本でもたびたびテレビ放映されるほどの人気があります。すでにシリーズは6作目(最終作)に突入していて「最終章」となっていますが、今後も何らかの形(スピンオフなど)で続編がリリースする可能性は十分にあり得ます。

原作では、「アンブレラ社」が開発したT-ウィルスによって人類がゾンビ化し、パンデミックして全世界に広まっていく中、一部生き残った人類が問題解決に向かっていくというストーリーです。映画でも似通った設定が採用されていますが、根本的な部分に乖離があったりと別作品として考えた方が良い側面もあります。

劇中の設定としては、アンブレラ社やT-ウィルスの存在こそ同じですが、主人公はT-ウィルスに抗体を持つ「アリス」がアンブレラ社、ならびに「ウィスカー」などの野望、陰謀を阻止するべく立ち向かっていくというストーリーに仕上がっています。超人的な身体能力を持つアリスは、自然体の人間ではなく研究の中で完成した人間で、その能力をコピーするための実験が引き金でパンデミックが起こります。

アクション、ヒューマンドラマなどさまざまな要素が折り重なった作品に仕上がっているので、単なるホラー映画としての楽しみ方とは一風変わった楽しみ方ができます。また、原作とは異なる要素の一つに「オマージュ」があり、「不思議の国のアリス」などの要素がふんだんに登場します。

実写でよりリアルに!「龍が如く 劇場版」

PS用ソフト「龍が如く」を完全実写化した作品であり、ゲームの世界観をしっかりと再現したことでも多くのファンがいます。元々のゲームファンはもちろんのこと、映画としても非常に見ごたえのある作品に仕上がったことによる完成度の高さも相まって、この作品から入ったファンもたくさんいます。

映画でも暴力的なシーンは多々見受けられますが、やはりこの手の内容はゲームだからこその部分がたくさんあります。単純な暴力だけが魅力というわけではなく、男性ならば「最強」という称号に憧れを抱いたことがある人が多いこと、女性ならば「男らしい男」に対して魅力を感じる人が多いことなどを良く表現している作品であることが魅力です。

ゲーム内では非常にリアルで年齢制限がかかってしまうほどですが、この点は映画作品でも同様です。低年齢層は視聴することすらままなりませんが、家庭で視聴する場合には両親の同意があれば問題なく視聴することができます。ただし、それなりにハードな内容だということをしっかりと把握し、それを踏まえつつ視聴させることが必要です。

ゲーム内では「遊郭」「キャバクラ」などで女性とのコミュニケーションを楽しむミニゲームも設定してありますが、こういった部分は映画に反映されてはいません。一応、女性との関係が見て取れるシーンはあるものの、「ありきたり」な内容でしかありません。シリアスとコミカルが複合したゲームと比べ、映画はシリアルな部分が前面に出ています。