自分の部屋がもっとこうなっていたらいいのに・・この街がもっとこうなっていたらいいのに・・ここがこうなっていたら・・

普段の生活の中で、誰もが一度は思ったことがあるこの発想。そんな夢をかなえてくれるのが建設業者。日本では竹中工務店、スイスではLandis Bau といったところではないでしょうか?
普段の生活の中では組み換えることのできない建物も、自由自在にすることを可能にしてくれることから、コンピュータ ゲーム 歴史の中でも根強い人気が衰えないのが、ブロックビルドゲームであるといえます。

ブロックビルドゲームとは?

MOMRPGゲームがe-Sportsで人気があるように、最近ではブロックビルドゲームが世代に関係なく熱くなってきているようです。
ブロックビルドゲームとは、プレーヤー本人で建設していったベースをもとにプレイを展開していくゲームのことを指します。いかにマスタービルダーになるかが、勝負の決め手となるようです。

レゴ

これまでの映画作品を見事にゲーム化したのが、レゴ。初回発売は2013年任天堂より、WiiU専用ゲームとして販売が開始されました。
通常、ブロックビルドゲームは、、オブジェクトの組み立てによゲームが展開されていきますが、「レゴ ゲーム」においては、すでに設置されているものを一度解体して、上から組み立てていくというゲーム構成になっています。

テーマパーク

遊園地を題材にしたもののみでなく、「テーマ ホスピタル」「テーマ アクアリウム」などシリーズ化しています。テーマパークは予め組み立てられた、店舗や、乗り物を敷地内に配置していくというゲーム構成。建設が完了すると、各人材を遊園地内に配置し、アイスクリーム1つの値段もプレーヤーが決定していきます。スタッフの雇用など、パーク経営に関する様々な仕事を行ところから、少しながらマーケティング要素が組み込まれているともいえます。建設完了後にはかなり真剣にオーガナイズをしていく人が多いのが特徴であるゲームの1つです。

マインクラフト

このゲームは、敷地内に1からブロックを置いて組み立てていき。冒険をし続けるゲーム。として知られていて、2018年にはシリーズでMinecraft Dungeons(マインクラフト ダンジョンズ)として販売されました。2020年に販売が開始となった第2段では、初代ダンジョンとは打って変わり、ハック&スラッシュ(ハクスラ)スタイルのゲームアクション「RPGゲーム/Dungeons(マインクラフト ダンジョンズ)」となっています。マインクラフトシリーズゲームとしては、かなり戦闘意識の高いゲーム構成となっています。