長期連載マンガであったものの、そのファン数は絶大なもので、子供から大人まで途中で読むことを止めることのできない漫画と言われている、手塚治虫の漫画「ブラックジャック」。1973年に執筆が開始されてから、今までで世に送りだした物語は全238話で、これは手塚治虫がこの世を去った今でも、アシスタント達の手により、現代版として執筆され続けています。

ブラックジャックってだれ?

闇の敏腕医師であるブラックジャックもまた、師匠である、本間先生に命を救ってもらい、新しい命を吹き入れてもらった一人なのです。子供の頃に不発弾によって体がバラバラとなってしまった、ブラックジャックは本間先生に、人間としての体を組み立てもらい、その後医師として育てられました。闇医者とはいえ、元は本来の免許を保持していた医師だったのですが、あることをきっかけに医師免許を剥奪されてしまいます。

交通事故で実の姉と体を共有することになった、「アッチョンブリケ」と言っている時の表情が可愛いピノコ。ピノコはブラックジャック自らが命を吹き込んだ可愛いアシスタントなのです。自分と同じ数奇な運命をたどるピノコの気持ちがよくわかるブラックジャックの手術費用は、数百万から億までとかなり高額ではあるものの必ず直してくれる医師として、知るぞ知る存在なのです。
その後、びっくりするような症状を見事に完治させていくといったストーリー展開。支払いが不可能な人間からは、一切治療費は取らないといったスタンスが、人間をもう一度再確認させてくれるような、そんな医師なのです。
名言をよく残すとしても、よく知られているブラックジャックですが、時折悩みを抱えるブラックジャックを精神的に支えるのは、命の恩人の本間先生と、命を与えたピノコなのです。

手塚治虫

博士と共に悪者をやっつけていく「鉄腕アトム」、交通事故で母をなくし、赤いキャンディと青いキャンディで状況によって、赤ちゃんから大人に変身していく「メルモちゃん」、そしてベルサイユのばらと並んで人気だった「リボンの騎士」を書き上げた1928年生まれの天才漫画家です。


残念ながら今は亡き天才漫画家である、手塚治虫nについては「手塚治虫記念館」でその歴史を振り返ることができます。
同じ天才漫画家である藤子不二雄や鳥山明などは、この素晴らしい漫画家を目指したことによって、この世に名を知らしめしたと言われています。
ゲーム 歴史がどんどん塗り替えられていく今でも、愛されている漫画家、それが手塚治虫なのです。