一昔前に一世風靡したあの映画が、コロナ自粛によってカムバックしているという。今の子供たちが視聴すると、とてもレトロにも写ってしまう映画の数々は、その感動を及ぼすハイボルテージな内容が人気のようです。

戦闘がメインである最近の映画も中々人気は衰えませんが、コンピュータ ゲーム 歴史にあるゲームが最近人気が出てきているように、80年代にヒットした感動作品映画がお決まりとなっているよう。

E.T

80年代の子供映画といえばこれ!どの映画館も満員御礼だったこのET時代には、まだテレビを録画するような風習も、レンタルビデオもなかったためなのか、どこの映画館もいっぱいだったそう。1982年に公開された超大物監督スティーブン・スピルバーグによる、SF子供映画のETは、55回アカデミー賞をの賞を総なめした人作品なのです。

あらすじ

森の中に降り立ったUFO。やってきた一台の車を見つけると共に、急ぎ足で森を去っていきます。しかし、その時にエイリアンが1匹取り残されてしまう。迷子になったETは、街へと歩き始めます。そして、主人公エリオットの家までたどり着き(以下省略)、エリオットとの交流を深めていくという、一見聞くととてもシンプルな内容なのですが、この映画のメインは終盤にエリオットとETが自転車に乗って空へと飛び立つシーンではないでしょうか?
最終的に、ETは帰っていってしまうという物語なのですが、気なる方、ネットフリックスなどの動画視聴サービスでご覧になってみませんか?

闘う男の映画といえばこれ

レトロな闘うシリーズの俳優といえばこの人、シルヴェスター・スタローン。シュワちゃん知事のさらに前に、世界中の人気者となった俳優なのです。
ランボークリフハンガーという映画のタイトルを聞けば、なんとなくイメージがつくでしょうか?初代筋肉ムキムキハリウッドスターとまではいかないものの、ハリウッドで一番筋肉セレブといえるのがこの人。シリーズまで発展した映画、ロッキーで主人公を演じた俳優です。
この映画は、彼本人が脚本を書いた世界的にも知らない人はいない、ボクシング青春映画なのです。その後、2006年、2007年までもシリーズが続いているこの映画は、2015年には続編映画が出るなど、いまだに人気は衰えていないよう。スターロン主演の映画、自粛待機中にはもってこいの映画だともいえます

普段の生活の中では、なかなか視聴することなどないような、レトロ映画の数々。この機会に視聴してみてはいかがでしょうか?