映画 | ゲーム

Category Archives: ゲーム

May 22, 2018comment(0)

今だからもう一度注目したい不朽の名作ゲームを振り返る

  どの時代にも素敵なゲーム作品があるもの。不況であろうと、好景気であろうと、オリンピックに湧く日本だろうと、多方からゆとりを助長するとやゆされようと…そんなことは御構い無し。むしろ、ゲームこそが、ある意味で社会を構築していると言えるでしょう。ゲームにより人々は癒され、ゲームにより息抜きをして、また、それを生き甲斐として…。今回は、絶対に忘れてはならない時を超えた不朽の名作タイトルをご紹介します。   『星のカービィ スーパーデラックス』   『星のカービィ スーパーデラックス』は言わずと知れた名作でしょう。このタイトルを遊んだことのない平成元年周辺組は存在しないと言っても過言ではないでしょう。スーパーファミコンを代表するバランスの取れた作品とも言えます。実際、これ以後にカービィ関連タイトルは大量に世に送り出されていますが、未だに「スーパーデラックスこそが、やっぱり一番」と感じる人があとを絶ちません。このタイトルの素晴らしさは、ズバリ、2人同時プレイという画期的なゲームプレイと、幅広い能力を取り入れたことで生まれた、やり込み/コレクション感でしょう。2人同時プレイと言っても、決して、その二人が戦うわけではありません。むしろ、協力プレイという表現の方が正確でしょう。もちろん、レースや早押しといったミニゲームを通じて2人で競い合うこともできます。しかし、一番の醍醐味は、カービィともう一人の助っ人(コピー)が手を合わせて困難を乗り越えていく様でしょう。カービィが敵を吸い込むと、そのキャラクターに応じて能力を獲得することができます。中にはスカという、何も能力を持っていないキャラクターもいますが、多くのキャラが面白い能力を備えています。例えば、ファイヤー、ソード、ボム、ファイターといった攻撃的なものから、アイス、ビーム、プラズマといったトリッキーなもの、ホイールやウィングといった移動に力を発揮するものまで多岐に渡ります。これに深みを加えるのが、カービィとコピーによる能力発揮の違いです。例えば、カービィがプラズマの能力を獲得すると、電気を帯び、それと放つことができるようになるのですが、コピーの場合には、存在そのものが“浮遊するプラズマ”になります。常に宙を浮いているので、足場の不安定なステージでは特に強さを発揮します。   『ファイナルファンタジー7』   ファイナルファンタジー7は、単なるゲームの枠を超えた超大作です。当時では信じられないほどのグラフィックスは言うまでもなく、キャラクターの作り込みも圧倒的で、一つの長編映画を見ているような気分に浸れます。数あるFF作品の中でも7をプレイした時の感動は忘れられないと言う人はたくさんいます。ファイナルファンタジー7はVRとはいかないまでも、深い没入感を誇ります。これをプレイしていると、どこか別の世界に迷い込んでいるような気分になるのです。BGMとステージが絶妙にマッチし、異国情緒すら漂います。ステージを進むごとに、それぞれの場所で仲間に出会い、物語が繰り広げられ…いつまでも止めることのできない連続ドラマに浸っているような気分に。ワールド移動時のキャラクターそのものはいかにも画素数の荒いポリゴングラフィックスですが、これがまたいい味を出しています。戦闘画面も秀逸です。マップ上を進んでいると突然敵が現れ、戦闘画面に切り替わります。各敵キャラクターの描写は美しく、ものすごい迫力で、時に恐怖すら感じさせます。このような要素は本来、扱うのが難しいもので、怖くしすぎると、一定の層からの人気を失うリスクがあります。ファイナルファンタジー7はこの点を恐れずに果敢に挑戦し、その結果、絶妙なラインを達成することができたと言えるでしょう。絶妙な恐怖感はプレイする者の心拍数を上げ、アドレナリンの生成すら誘発します。そして、そんな恐ろしい敵を撃破できた暁には、なんとも言えない高揚感に浸ることができるのです。ファイナルファンタジー7は、ある意味で、エクストリームスポーツをプレイする時のようなスリルをうまく演出しています。複雑かつ鮮明なグラフィックスの表現が難しかった当時にプレイステーションにてこのような臨場感を作り出した制作スタッフの技量には頭が上がりません。キャラクターの個性にも注目したいものです。当時のゲームタイトルではありえないほどに、精巧に作り込まれており、それぞれの過去などに強烈に感情移入すること間違いなし。単純にゲームをプレイせずに、横から成り行きを見守るだけでもファイナルファンタジー7を楽しむことができます。これは、このタイトルがストーリーに力を入れていることの揺るぎない証拠です。  

Read more
April 10, 2018comment(0)

パチスロとは?

パチスロとは?そしてパチスロの遊び方とは? 「パチスロ」という言葉は、経験豊かなギャンブラーであっても、ほとんどの西洋人には馴染みがないかもしれません。パチスロのゲーム機は、日本で親しまれている大型のスロットマシンと言うことができるでしょう。比較的新しい流行です。と言うのも、日本ではまだギャンブルが違法であり、ここ数年の間に非合法化が進んできました(実際には、ギャンブルを法的に修正する手段はたくさんあります。技術的には正しいものなのですが、何年も間違いかのように考えられてきました)。パチスロは、他のスロットマシンとは違って、音楽やフラッシュライトを特徴とし、西洋版よりもはるかにカラフルです。インタラクティブで機能的なLEDディスプレイと小さなテレビ画面を活用し、アニメーションが再生されます。ポップスターや映画のフランチャイズと提携を行った特別編集バージョンが頻繁にリリースされています。中にはオバマ大統領の就任式を賞賛するユニークな機種もあります。 パチスロマシンは、パチンコと呼ばれる非常にポピュラーな日本のゲームをベースにしています。パチンコは、自立型のピンボールマシンのように見え、ボールを穴に入れるゲームです。このような機械を専門に扱うパチンコ店と呼ばれる場所があり、パチスロ機がこの場所で勢いを強めています。パチンコ店は、他の国のカジノと同様に人気がありますが、パチンコ機があることから、明るくて鮮明な色であふれています。 日本ではギャンブルは違法ですが、これをうまく回避するために、パチスロマシンでは小さな鉄球やトークンを投じて遊ぶことができます。結果として獲得したパチンコ玉はおもちゃの車などの小さな賞品に交換します。その後、プレイヤーは近くの別の場所でこれを現金に引き換えます。パチンコ店では2年以上同じパチスロ機を保管することも違法であるため、頻繁に更新され、より良いモデルに交換され、顧客にユニークな体験を提供し、興味をそそり続けているのです。 多くのスロットマシンと同様に、様々なシンボルが描かれた3つのホイールがあります。 各ホイールは非常に速いスピードで回転し、ホイールを手動で停止するためのボタンが付いています。実際にはボタンを押してからわずか0.19秒以内でアクションが反映されます。ビギナーズラックを使いパチスロで勝利を手にする人も中にはいますが、現実には多くのスキルと鋭い反射神経が必要となります。日本では、パチスロは高い人気を誇り、パチスロ大会が開催されパチスロ選手も大勢います。 パチスロは通常のスロットのように見え親近感がわく パチスロは西洋のカジノやゲームホールではめったに使用されませんが、コレクターのアイテムとしては次のようなものがあります。アメリカのパチスロ愛好家の一人は自宅で35台以上のマシンを所有しており、ネット上で珍しいパチスロ機を公開するコレクターもいます。パチスロ機の収集は、ラスベガスのものを集めるよりもはるかに安いです。パチスロは約250ドルで、ラスベガススタイルのスロットは800〜2,000ドルです。 日本でオンラインからゲームをプレイするならば、onlinecasinofan.comは要チェックでしょう。日本人が利用できるカジノについての広範にわたるレビューが公開されており、言うなれば、日本で最も高い信頼を獲得するカジノレビュー サイトです。 パチスロを遊ぶなら…高い反射神経を養いたいものです! 楽しくてカラフルなマシンの前に座れば、知らず知らずのうちに数時間が流れていきます。パチスロをもっと知りたい…そんな好奇心旺盛な方は、5種類のスロットマシンについてご紹介しているこちらの記事もご確認ください。

Read more
February 8, 2018comment(0)

日本が誇る!コンピューターゲームの歴史

コンピューターゲームの走り!”ゲーム産業”の誕生 日本初のコンピューターゲームは1973年にセガが発売した「ポントロン」と言われています。 これはアメリカのアタリ社が開発した卓球ゲーム「PONG」のコピーゲームでした。 当時はコンピューターゲームに関する著作権の意識も低く、他社が発売したゲームと殆ど同じものを真似して作るのも珍しくなかったのです。 ポントロンの原型であるPONGは商業的に成功した史上初のコンピュータゲームです。 白黒の画面にボールにパドルと言われるバーとスコアだけが表示され先に15点先取した方が勝ちというシンプルなゲームデザインですが、卓球な中にもゲームとしての面白さが凝縮されており大ヒットしたのも頷ける内容です。 なお日本初のテレビゲーム機であるエポック社の「テレビテニス」も同種のゲームデザインで「ポンテニス」と呼ばれました。 驚くべきことにこのテレビテニスは日本初のテレビゲーム機でありながら優先接続ではなく、UHF電波を使ってのワイヤレス接続でプレイ出来る先進的なシステムを採用しています。 家庭用ゲーム機・携帯ゲーム機の登場 エポック社のテレビテニスはテレビゲーム機とはいっても遊べるゲームはテレビテニスだけという、現代人の感覚で言えばゲーム機というよりもテレビを利用する玩具に近いものでした。 任天堂が1980年に発売した初のテレビゲーム機「ゲーム&ウォッチ」もテレビテニス同様に1ハード1ソフトです。 なぜゲームの後ろにウォッチがつくのかというと、ゲームをしていない間は時計として使えることが80年代では1つのウリだったからです。 気軽に遊べるゲームウォッチは社会現象となるほどの爆発的な大ヒットを記録し、当時借金まみれだった任天堂の財政状況は一気に改善されました。 しかし任天堂はその成功に甘えることなく稼いだ黒字を家庭用ゲーム機「ファミリーコンピューター」の開発に注ぎ込みます。 このファミリーコンピューターがゲーム&ウォッチをも超える超ヒット商品となり、日本のみならず世界中のゲームファンとゲーム開発者を熱狂させたことはよく知られている通りです。 任天堂 VS SONYの時代 ファミリーコンピューターに続きスーパーファミコンもヒットさせた任天堂は、90年代前半まで向かうところ敵なしの快進撃を続けます。 しかし1994年に強力なライバルが登場します。 ウォークマンの開発などで有名な「世界のSONY」が家庭用ゲーム機市場に参戦を表明、「PlayStation」を発売したのです。 現在の私たちから見ればPlayStationのグラフィックは汚く、スーパーファミコンの方が遊びやすいくらいですが、世紀末に颯爽と登場した3Dグラフィックスのインパクトは絶大で、超人気ゲーム「ファイナルファンタジー」を開発するスクウェアが最新作をPlayStationで発売すると発表したこともあり任天堂とSONYの力関係は逆転します。 これ以降、両者は家庭用ゲーム機と携帯ゲーム機のハードメーカーとして熾烈な競争を続け、インターネットの普及後は両者のファンが場外乱闘を繰り広げるなど「ゲーム機戦争」が白熱しました。 オンラインや通信でのプレイが当たり前の時代 昔のゲーム機と現在のゲーム機の大きな違いは通信環境の進化でしょう。 ゲームボーイの「ポットモンスター」でも通信ケーブルを使った交換や対戦はできましたが、現代はそれらが全てワイヤレスで可能です。 オンライン環境の整備はゲームに大きな恩恵をもたらしました。 たとえばスーパーファミコンなどの時代のゲームソフトはカートリッジのデータが全てのため、進行に影響するバグがあればソフトを回収、交換する必要があります。 これに対し現在のゲーム機はオンラインアップデートによって簡単にバグを修正することが可能です。 さらに一定間隔でダウンロードコンテンツを配信することで発売後も末永くゲームをプレイしてもらえます。 もっともこうしたオンライン環境の充実がゲームの品質を下げていると批判する人がいるのも事実です。 発売後にバグ修正ができるから発売前のデバッグが甘い、発売後DLCのせいで発売日に購入する熱心なファンよりも中古や廉価版を遊ぶ後発プレイヤーの方が得する状態になっているというのが主な批判内容です。 ゲームの革命!スマホの普及でのゲーム産業の変化 現代のゲームシーンを語るのにスマホゲームの存在は欠かせません。 若者のスマートフォン普及率は95%を超えています。 スマホをゲーム機と見るならばこれは世界で最も普及率の高いゲーム機といえるのです。 スマホゲーの特徴はガチャに代表される「基本無料のアイテム課金」という販売方式です。 従来のゲームが先にお金を払う必要がある代わりに、一度払えば全ての内容を楽しめるものであったのに対して、多くのスマホゲーは無料でダウンロードしプレイできる代わりに、課金アイテムを購入しないと楽しめない作りになっています。 アイテム課金型のゲームは買い切り型と違い天井がないため、熱心なプレイヤーは1本のゲームに数百万以上の金を注ぎ込んでくれます。 こうした「ガチャ廃人」たちの存在によりゲームメーカーは莫大な利益を稼ぎ出していますが、近年ではこうした商法がギャンブルと変わらないと批判され、各国でガチャゲームを法律で規制しようとする動きが広まっています。

Read more
January 21, 2018comment(0)

The Incredible Adventures of Van HelsingのPS4ゲーム紹介

ゴシックな世界観!『The Incredible Adventures of Van Helsing』PS4ゲーム紹介と感想: 「The Incredible Adventures of Van Helsing」はハンガリーに拠点を置いている「NeocoreGames」という会社が制作したPS4のアクションRPGです。2012年に制作が発表された本作は「NeocoreGames」が今まで作った事がないジャンルであるために話題を呼びましたが、シリーズ三部作となるほど作品自体が評価を得ました。実際にシリーズを合計して100万を超える販売本数を叩き出すほどに大ヒットしています。日本でもダウンロード版が販売されている「The Incredible Adventures of Van Helsing」の特徴はまず世界観です。 本作ではブラム・ストーカー氏の代表作「ドラキュラ」を題材にしています。 主人公は「ドラキュラ」に登場したヴァン・ヘルシング博士と同じ名を持つ男です。実は彼は博士の息子で、モンスターと人間が共存するゴシックな世界で活躍するモンスターハンターでした。彼は幽霊のレディ・カタリナとともに人間に害をなすモンスターを倒していくというストーリーとなっています。 戦闘スタイルはいわゆるハック&スラッシュタイプです。 フィールドは大自然から大都会など多種多様で、おどろおどろしい雰囲気に満ちていますがPS4だからこそ表現できるグラフィックによって綺麗に仕上がっています。プレイヤーはレベルを上がれば上がるほどハンティングに有利なスキルや能力を会得できますが選んだスキルや能力によって見た目をカスタマイズできるところが特徴的です。また即座にスキルを改造できるシステムや錬金術というアイテムを製造できるシステムなど魅力がたくさんあります。 The Incredible Adventures of Van Helsingのあらすじ   「The Incredible Adventures of Van Helsing」の主人公であるヴァン・ヘルシングは幽霊のカタリナを相棒にしているモンスターハンターです。 彼はある手紙を受けてボルゴヴァという街を目指していました。 道中森の外れの狼人間たちや鉱山の蜘蛛たちに襲われたり村人たちの願いを聞いたり等思わぬトラブルに巻き込まれながらも何とかボルゴヴァへ到着します。ところがやっとの思いでたどり着いたボルゴヴァは昔の面影を残さないほどに変わっていました。ヴァン・ヘルシングは驚きながらもひとまず手紙の主がいる隠れ家に向かい、そこで吸血鬼のヴラドスと数人のレジスタンスたちに出会います。手紙の主であるヴラドスは街が変わってしまった理由は「フルミガティ教授というマッドサイエンティストせいだ」と語ったうえでフルミガティ教授の討伐をヴァン・ヘルシングに依頼しました。 依頼を承諾したヴァン・ヘルシングはさっそく行動します。 教授の実験を妨害したり用心棒を倒したり等教授の邪魔をしながら少しずつフルミガティ教授へ近づきました。そしてようやくフルミガティ教授に出会ったヴァン・ヘルシングは自作のロボットに乗って襲い掛かるフルミガティ教授と対決します。ロボを破壊したヴァン・ヘルシングでしたが丁度その時彼らがいる建物を見つめる人物が外にいました。その人物はヘリコプターのような機械に指示をするとヘリコプターのような機械はまるで建物の中にいるヴァン・ヘルシングたちを生き埋めにするように攻撃を始めるのでした。以上が「The Incredible Adventures of Van Helsing」のあらすじです。 The Incredible Adventures of Van Helsingの感想   濃厚な世界観とハック&スラッシュタイプのアクションRPGにしては簡単にプレイできます。 プレイヤーキャラクターは倒した敵が落としたアイテムや宝箱の中にある装備の強化やレベルアップによるスキルポイントの振り分けで強くしていきますが、とてもシンプルです。ただし敵が落とすアイテムのほとんどが弱いので使い物にならないところがプレイの妨げになります。また豊富なスキルも難解なのでスキルの組み合わせができないうえに数が多すぎて使わないものが目立つ点がデメリットです。それに加えてストーリーの展開が簡単に進み過ぎてダークな世界観をあまり楽しめないところが残念と言えます。特にエンディングは続編に向けた内容になっているものの、あまりにも突然な展開に釈然としません。 しかし良いところもあります。 例えばPS4らしい綺麗なグラフィックは暗い世界観を最大限に描いていましたし、敵のグラフィックも見やすかったです。また敵を含めた登場人物たちの外見は細部にまでこだわっており、魅力的でした。それからプレイヤーキャラクターの強化はシンプルであるものの、ハック&スラッシュタイプのアクションRPGらしく難易度は高めとなっているのでプレイをする甲斐があります。戦闘のスピードはかなり楽なのでパワータイプゆえの重量感が苦手な方にはおすすめです。 しかし一番のおすすめなポイントはヴァン・ヘルシングと相棒のカタリナの掛け合いです。 2人の関係はあくまでパートナーですが、その掛け合いはまさに夫婦漫才なのでプレイ中に思わず吹き出してしまう事が多々ありました。いわゆる「ツンデレ」という性格をしたカタリナというキャラクター自体が可愛らしいですが主人公が絡むと彼女の魅力がさらに磨かれます。    

Read more
December 21, 2017comment(0)

大ヒット国民的RPG! 『ファイナルファンタジーXV』ゲーム紹介と感想

ファイナルファンタジーXVのゲーム紹介 ファイナルファンタジーXVは、人気ゲームシリーズであるファイナルファンタジーシリーズの15作目にあたるナンバリングタイトルです。そして、このゲームは、リメイク以外で初めてプレイステーション4で登場したファイナルファンタジーになっています。映像美はプレイステーション4の力で圧倒的に強化され、さらに、オープンワールドというファイナルファンタジーシリーズの歴史を塗り替えるようなゲームになっています。従来のターン性による正統派RPG出会ったファンタジーシリーズから一転し、アクションゲームとなっています。そのため、従来のターン性は完全に撤廃されています。今までターン性だからといってファイナルファンタジーシリーズを遊ぶことを避けていた人たちでも遊ぶことができるゲームになっています。また、ファイナルファンタジーXVは、ダウンロードコンテンツが豊富であるという特徴を持ちます。種類は豊富なため、すべてのダウンロードコンテンツを無料で入手することができる権利であるシーズンパスも販売されています。従来のファイナルファンタジーは、ストーリーが終わってしまったらそれまででしたが、今回のファイナルファンタジーXVは、本編が終わってしまったとしてもダウンロードコンテンツを購入することで、新たなストーリーを楽しむことができます。さらに、今公開されているもの以外にもこれから随時ダウンロードコンテンツは追加されていく予定なので、より長い期間遊び続けることができるゲームです。このように、ファイナルファンタジーXVは、新たな要素をたくさん詰め込んだファイナルファンタジーです。 ファイナルファンタジーXVのストーリーは? 今作の主人公はノクティスという男性で、一国の王子という立場にあります。そして、彼には幼馴染であり婚約者でもある24歳のルナフレーナという女性がいます。ノクティスのいる世界には、デナブラエ、二ビルハイム帝国、ルシス王国という3つの国が主にあります。そして、二ビルハイム帝国とルシス王国は長年にわたって戦争を続けていました。ノクティスはそのルシス王国の王子という立場で、ルナフレーナはデナブラエの貴族であり、神と話をすることができる神凪という巫女です。物語は、ノクティスが旅をしている途中に起こったある出来事から始まります。それは、調印式で帝国が裏切り、ルシス王国が帝国に占領されてしまったことです。そして、その場でノクティスの父にあたる国王レギスがやられてしまいました。ノクティス一行は、急いで街に戻ったものの、すでにルシス王国は選挙されていました。そして、それを取り戻す復讐の旅というのがファイナルファンタジーXVのストーリーです。ノクティス一行は、街を取り戻すために各地に武器を収集しに行きます。そして、実は世界は崩壊に向かっているという情報を手に入れ、それを救うために戦うことになります。また、武器だけでなく神の力も収集していきます。ノクティス一行には災難が続いていきますが、最終的にはすべての元凶を倒すために、ノクティスは老化するという代償を支払ってアーデンとの対決に向かいます。アーデンを撃破する際には、バハムートとシヴァの力を借りました。こうして世界の崩壊をノクティス一行は無事阻止しました。 ファイナルファンタジーXVの感想 まず、一番最初に感じたことは、ターン性ではないことへの驚きです。今までファイナルファンタジーシリーズといえば、ターン性を採用しており、頭を使って次のコマンドを考えるという楽しみ方をしてきましたが、今回は仕様が全く変わっており、従来の楽しみ方ができませんでした。しかし、アクションゲームが苦手ない人でもとりあえず最終ボスを倒してストーリーをクリアすることはできました。また、アクションゲームの楽しさをファイナルファンタジーXVを通して知ることができました。RPGという視点から見ても、ファイナルファンタジーXVのストーリーはとても面白く、まるで自分がそこにいるかのような感覚に襲われるほど作品の中に入り込むことができました。そしてそれを支えたのは、圧倒的な映像美です。プレイステーション4の性能を余すことなく発揮して作られたファイナルファンタジーXVは、もう一つの現実世界がそこにあるかのような体験をさせてくれました。また、ファイナルファンタジーシリーズの伝統である召喚獣に関しても、過去最高のクオリティだったと感じました。特にタイタンの迫力は、今までプレイしてきたゲームの中でもトップレベルですごかったです、ほかの召喚獣も今までのファイナルファンタジーシリーズの中でもトップクラスの迫力で、なおかつ美しかったです。今作から新たな取り組みとして行われたオープンワールドというゲームシステムですが、これはファイナルファンタジーの世界を隅々まで探索することができ、大変いいシステムだったと感じました。ただ指示に従って動くだけではなく、自分で好きな場所に行き好きなことができる自由度は、今までのファイナルファンタジーにはなかった要素でした。

Read more