映画 | ゲーム

Category Archives: ゲーム

April 5, 2020comment(0)

マインクラフト 最初の第一歩

マインクラフト

マイクラ=マインクラフトは1度遊ぶとやめられないゲームとして、世代を問わず人気のある建築を楽しんだり、サバイバル生活を楽しんだりするMojang社より発売されているサンドボックスビデオゲームです。今や、一昔前のテトリスを追い抜かすほどの人気となっており、売上も大幅に上回っている人気ゲームです。 ゲームのはじめ ゲームを始めたばかりの頃は、何から始めて良いのかなかなか分かりにくいですが、まずは建築を始めるための道具や防具を揃えていきましょう。斧などの道具を揃えたらいよいよ建築の始まりです。まずは最初に、仮住居を作らなければいけません。あくまで『仮』ですので、ベッドや作業台が置いてあるような建物でも良いのです。ブロックを自由に組み立てていきます。ものづくりのみを思う存分に楽しむのであれば、『クリエイティブモード』で遊ぶのをお勧めいたします。いずれのモードもゲームプレイ中にいつでも切り替えることが可能です。 クリエイティブモード クリエイティブモードは、サバイバルモードと違い、建築をメインに楽しみますので、下記のような箇所が変わってきます。 自由にアイテムやブロックを使うことができる 道具を使わなくても簡単にブロックを壊せる 空中を自由に移動できる(ジャンプ2回早押し) 死ぬことがない サバイバルモード マインクラフトのゲームモードであるサバイバルモード。生きることを目的としたゲーム展開になります。サバイバルゲームの場合は、道具を一つづつ集めていく必要がありますが、昔のコンピューターゲームの歴史にあるような面白い感覚でゲームを進めていくことが可能です。とはいえ、ゾンビゲームのようにハードではないので、穏やか系がおすきな人向けかもしれません。 サバイバルモードで覚えておかなくてはいけないのは、夜になるとモンスターがたくさん出てきて、あっさりとやられてしまいます。 まず最初に まずは木を10個くらい集めるところから始めます。近くに木を見つけたら、ZRボタンで叩き壊して収集していきます。いくつか集まったら、持ち物を開きEやXボタンを押して、作業台を作り始めます。作業台は、様々なものを作るのに必要不可欠となりますので、まず最初に制作していきましょう。 作業台が完成したら 木材を使えば棒を製作することが可能で、棒と他の木材を組み合わせることで、木のツルハシや木の斧や木の剣を製作することが可能です。この斧で、遭遇した牛、豚、鶏、などを見つけたら食料補完としてどんどん倒していきます。この食料は空腹ゲージが減ってきたときに、必要となってきます。道具が揃ったら、家(仮住居)を組み立てていきます。一時的に利用する家ですので、穴を掘ったり、山を登って穴を掘って、空間を作っていきます。ある程度の空間ができたら、木の素材を組み合わして『ドア』を作成していきます。 家の中には、チェストとベッドは作っておきましょう。チェストは道具を保管しておくのに必要です。使わないときはこの中へしまっておきます。ベッドの製作には、木材と羊毛が3つずつ必要で、モンスターに襲われないように夜になったら早めに就寝しましょう。このベッドが、死んだときに生き返る場所となります。 その他の必需品 暗いところにだけモンスターはやってきます。ですので明かりは必要必需品となりますので、『石炭』を集めて、棒と組み合わせ、たいまつを作っておきましょう。洞窟や山で見つけることが可能です。 大変!死んでしまった 死んでしまったら、そのときに携帯していた持ち物をすべて落としてしまいますので、生き返ってアイテム回収をしましょう。(五分ほどは消滅せずに残ります)。 復活ボタンを押して、復活戦に挑みましょう。方法としては、消えてしまっても良いアイテムのみを持ち歩き、大切なものはチェストの中へしまっておきましょう。死んでしまった場合には経験値も下がりますが、慣れるまではあまり気にしない方が良いともいえます。設定でイージーにしておくと、モンスターがあまり強力ではないので、すぐに死んでしまうという人は、ここから始めることをおすすめいたします。 最後に 仮住居がすべて完成したら、冒険に出かけてみましょう。慣れてきて、もう少し大きな家が欲しくなったら、立派な家を建築するのも良いかもしれません。

Read more
March 19, 2020comment(0)

フォートナイト

コンピュータ ゲーム 歴史を塗り替えた、 Appストアからダウンロードして遊ぶことができる フォートナイト。生き残りをかけて戦うこのゲームは、何も知らないで参加してしまうといきなり倒されてしまいかねません。 まずはモード選び 複数のモードの中より選択してプレイを始めます。 【ソロモード】2人でチームを組んで、相方と武器などを共有しながらゲームを進めていきます。共有するのは武器だけではなく、体力が0になってダウン状態になっても相方に蘇生させてもらえるのでゲーム復帰が可能となります。 【デュオモード】2人でチームを組んで、相方と武器などを共有しながらゲームを進めていきます。共有するのは武器だけではなく、体力が0になってダウン状態になっても相方に蘇生させてもらえるのでゲーム復帰が可能となります。 【スクワッドモード】最大4人まで一緒に遊ぶことができるモード。デュオと同じく、チーム連携でゲームを進めていきます。味方と固まって移動していくことで、ダウン時の蘇生が素早くできます。蘇生は、目の前にいる敵を倒してから行わないと、蘇生してもいきなり倒されてしまいます。 覚えておきたいコツ ● 物資は共有・・・所有物が偏っている場合など、相方に渡していく。 アイテムバッグを開く→渡したい物資を選択→分けるを選択 ● 敵がダウンしたら周りを確認・・・敵仲間が隠れていたり、見えてなかったりする場合があるので、1人ダウンさせたら必ず周りを確認してから動き出す。 ● 止まらず撃つ・・・止まって撃つ方が狙いやすのですが、その分撃たれやすくなってしまいます。出来るだけ動きながら敵を撃っていうようにしましょう。 チーム全員でおっておきたい基本の武器 【アサルトライフル】距離に関係なく使用でき、クラフト破壊にも利用できる。 【ショットガン】接近戦で高火力で戦うことができる。クラフトで接近することが多いので、全員が持っていると安心。 【ロケットランチャー】敵にも建築物にも利用できる。爆発のダメージ範囲も広いので、敵が数人で固まっている場合に便利。

Read more
March 3, 2020comment(0)

iPhoneからゲームをYoutubeに

Youtube

iPhoneから直接Youtubeにゲームがアップロードできると、簡単・最速・楽しみながらできるというメリットがあります。PS4からYoutubeにアップロードしている人は、多く見かけられますが、実はスマホを使っての録画も決して新しいわけではありません。 プレイ中のゲームをアップロードして、収入を得ている人もいるくらい、Youtubeへのゲームのアップロードはすぐれた威力を発揮しています。Youtubeへアップロードすることによって、自身で楽しんだりまたは、友人・知人とシェアーをして楽しんだり、ゲーム歴史を記録しておいたりなど、利用の仕方は様々です。 最近では場所を選ばずアップロードできることから、待ち時間などに楽しんでいるゲームを録画して、アルバムを制作している人も少なくありません。 海外などからアップロードする場合には、VPNなどの仮想プライベートネットワークがあった方が便利ですが、国内での操作方法を紹介します。※(VPNとは?) iOS11以降で、早速やってみよう まず最初に、画面種録を設定します。 設定→コントロールセンター→コントロールをカスタマイズ→画面収録  これで、画面収録ボタンがスマホに表示されます。 いよいよ録画 途中でチャットメッセージなどの連絡などが、録画途中に入ってこないように、おやすみモードに設定します。 設定→おやすみモードへ行き、オフにします。 標準搭載されている、「画面収録機能」で、ゲーム画面、ゲーム音声の他、プレーヤーの声を録画することが可能です。 録画ボタンを長押しすると、画面収録画面へ移動します。この時に、マイクオーディオもオンにしておきます。録画中は、録画ボタンが赤くなり、画面上部に赤いバーが出てきます。 再度録画ボタンを押すことで、録画を停止させることができます。その後、端末へ保存します。 動画の編集 iMovieを利用して、動画の編集が可能です。 この機能を利用して、 複数の動画の結合 不要部分のカット テロップ挿入 BGM挿入 効果音挿入 などが可能です。 作成した動画は、Youtube、ツイッター、Facebook、インスタなどのSNSにもアップロードしたり、LINEにアップロードが可能です。色々と使い道があり、録画する楽しみも増えます。 まとめ Youtube へのアップロードには、Googleアカウントが必要になります。この際、Gmailアカウントを作っておいて、他のプレーヤーとのコミュニケーションに利用することができるので、作っておくと便利です。

Read more
February 17, 2020comment(0)

eスポーツをスマホでプレイ

エレトロニックゲームと聞くと、PCの前にお尻が痛くなるまで座っていないといけないイメージがありますが、eスポーツは今やスマホゲームとして遊べる、そしてハマるゲームなのです。 エイベックス・エンターテイメントとその他3社によるeスポーツイベントが幕張メッセで開催され、スマホのAQUOS Zeroを利用したフライト式トーナメント戦の開催もされています。 スマホの販売においても、「eスポーツが楽しめないなら購入しない」いう観念の人もいるくらいになってきていて、スマホも今やゲーミングスマホでないと意味が無いようにも捉えている人も少なくありません。ゲーミングスマホとはいえ、普通のスマホでもメモリの容量が4GB以上あればまずは問題なしともいえます。VPNなども活用できると言えます。VPNとは、仮想ネットワークの英語表記の略で、サーバーを異なる場所に持ち、ゲームのストリーミングにおいても活躍しているアプリケーションのことです。 スマホでサクサクゲームを楽しむには、サクサク遊べるように対応されているeスポーツであることも不可欠です。 ゲーミングスマホの選び方 ゲーミングスマホとは、ゲームに特化したスマホのことを指すこともできます。グラフィックやサウンドの処理能力をはじめとする、ゲームをプレイするのに必要な処理能力が通常のスマホより高くなっているスマホ、つまり、ゲームに対応している特殊なシステムが搭載されたスマホを「ゲーミングスマホ」と呼びます。このようなスマホを利用することによって、スクリーン上に「通信環境の良いところでプレイしてください」などの表示が現れにくくなります。 ゲーミングスマホの種類 Black Shark2(Xiaomi) ROG Phone ZS600KL(ASUS) Razer Phone2(Razer) Honor Play(Huawei) Doogee S70(Doogee) pocophone f1(Xiaomi) UMIDIGI S3 Pro(Umidigi) UMIDIGI F1 (Umidigi) Zenfone Max Pro M2(ASUS) Moto G7 (Motorola) Oneplus 7 (Oneplus) 番外版:iPhone(Apple) スマホでできるeスポーツアプリのジャンル eスポーツと言ってもたくさんの種類があり、ゲームの進め方やプレイ時のプレーヤーの視点、トーナメントのあり方まで様々です。 大まかに区切っていくと、FPS・RTS・MOBA・格闘ゲーム・デジタルカードゲーム・スポーツゲーム・パズル・レーシングに選別することが可能です。 人気のヴァンヘルシング ps4もそうでしたが、コンピュータ ゲーム 歴史は、eスポーツによってさらに変わってきています。

Read more
February 3, 2020comment(0)

アニメとカジノの密な関係

カジノゲームの中でも人気のあるゲームには、アニメキャラクターが起用されているゲームが多いですよね?綺麗なグラフィック、綺麗なサウンドが起用されているゲームも人気がありますが、やはりアニメキャラクターが起用されていて、ストーリー性のあるゲームの人気は急上昇中です。 コンピューターゲームにおいても、アニメキャラクターのロールプレイゲームなどは新作がリリースされるたびにヒットを生んでいます。ゲーム歴史から見ても、「スーパーマリオブラザーズ」や、「イーアルカンフー」は、1980年にゲームウォッチが誕生してから、初のアニメちっくな画像が起用されたゲームとして発売と同時に瞬く間にメガヒットとなりました。 きらびやかなイメージのオンラインカジノサイトから、コンピューターゲームちっくなカジノサイトまで、プレーヤーの好みによって選択ができるようになってきました。 もし、オンラインカジノサイトが無地で、スロットなどにもストーリー性がなければ、プレーヤー達は見向きもしないでしょう。ジャックポットシティカジノやラッキーニッキー、ベラジョンカジノなど、人気のあるカジノサイトはどれも印象的なアニメキャラクターが起用されています。 スロットとアニメ Play’n GO(プレイエンゴー)社の「ムーンプリンセス」は、異色の美少女アニメ系テーマで、絵柄も「ワイルド(隣が何でも消える)」「ラブの顔」「スターの顔」「ストームの顔」「ベル」「ラブのアクセサリ」「スターのアクセサリ」「ストームのアクセサリ」など可愛いらしいデザインで、女性プレーヤから人気のあるスロット機種です。 NetEnt(ネットエント)社からは、アメリカの人気アニメ「South Park(サウスパーク)」をモチーフにしたスロットゲームなども配信されていて、今やゲームプロバイダーとアニメは、切っても切り離せない関係となってきているのです。 カジノと漫画 カジノゲームがアニメを起用しているように、またその逆もあります。カジノをテーマにした漫画も、なかなか読み応えがあります。「ライアーゲーム」はその中でも性別を問わずハマる漫画として知られています。2007年4月14日から、フジテレビ系列で、土曜日23:10 – 23:55に新設されたドラマ枠「土曜ドラマ」の第一弾として放送されていたことでも有名です。 他にも、「賭博黙示録 カイジ」「ギャンブルッ」「ジャンケット」「蟻地獄」なども発売されています。

Read more
January 29, 2020comment(0)

スマホでできる『FPS』のeスポーツ:レインボーシックスクスシージー

FPSと言われてもピンと来ない人もいるはずです。FPSとは First Person Shooter (ファースト パーソン シューター)の略語で、いわゆるシューティングゲームの一種なのです。FPSのeスポーツは人気も高く、トーナメントにおける参加者も賞金も大きいのが特徴です。始める前にまずは知っておかなければいけない情報、掴んでおきましょう。 隊テロ特殊部隊のお話、「レインボーシックス」を舞台といて、立てこもっているテロリストをめがけての突入作戦を題材にした対戦型のオンラインシューティングゲーム。ゲームは「マルチプレイモード」「テロハントモード」「シチュエーションモード」の3つを選択することができます。 マルチプレイモードでは、最大で10人のプレーヤーがゲーム内で戦うことが可能で、テロハントモードでは、名前の通りテロ集団をハンティングしてミッションをクリアしていきます。シュチュエーションモードでは設定された目標をクリアしていきます。 3つあるマルチプレーヤーモードのルール 【人質】 人質を救出する攻撃側とそれを撃退する防衛側が戦うというのが基本のルールです。 攻撃側が、人質を確保した状態で時間切れになると、人質が回収地点に戻ったり、人質確保が解除されるまでラウンドが2分延長されます。この時、2分経った後にも人質が回収できなければ攻撃側の敗北となります。 【エリア確保】 特定の地区を制圧する攻撃側とそれを撃退する防衛側が戦います。洋画でよくあるワンシーンのイメージです。指定した地区内に攻撃側が残ったままの状態で終了時間きたとしても、残っている攻撃側が全ていなくなるまでゲームは延長されます。 【爆弾解除】 マップ内に隠された2つの爆弾のうちどちらかを、攻撃側がディフーザーを用いて解除し、それを阻止する防衛側が戦いを繰り広げます。 ディフューザーが起動されている状態のままで時間切れになっても、解除される、またはディフューザーが破壊されるまでゲームは続行されます。 ルールによって目標が違うので、オペレーターの選択にも気を配った方が良いといえるのです。 どのようなオペーレーターを選択すれば良いのか、判断がつかない場合は下記を参考にしてください。 攻撃側オペレーター 壁を破壊していくのがほとんどのシーンで必要となるので、Thermite,、Hibanaのどちらかは必ず持っていたい。Thermite,、Hibanaをゲットした味方がいる場合にはThatcherでサポートすることができます。Thermite、Hibana、Thatcherと覚えておくと便利です。 防衛側オペレーター 防衛側は言葉の通り、相手の攻撃から守ることに専念しなければいけないというところから、 ドローンを含む電子系ガジェットを故障させることができるMuteが必要です。 攻撃側が投げつけてきたものを防ぎ、ADSを設置できるJagerなども利用性が高い。 Mute、Jagerと覚えておくと便利です。

Read more
January 14, 2020comment(0)

プロゲーマー 目指してますか?

コンピューターゲームの歴史の中でも記憶に新しい「ストリートファイター」。このストリートファイターがeSports化したことによって、ゲームをプレイする愛好者でプロゲーマーという人たちが存在します。プロゲーマーとは、ゲーム会社がスポンサーとなり生活の支援を受けながら、海外で開かれるゲーム対戦のトーナメントなどに出場し、賞金で生計を立てている人のことを指します。一定の「プロ」と呼ばれるレベルに達すると、プロチームに所属し仕事化されていきます。 ゲームが仕事化? ゲームが仕事なんて羨ましい!と思われている人もいるかもしれません。プロゲーマーは、アスリートと同じように普段は能力が衰えないように日々練習を繰り返し、世界各国で開催されている本番で優勝を狙っていき賞金を獲得していくのです。アスリートと同じように練習試合などもおこなれますので、ただ家で座ってゲームをしていれば良いというわけではありません。個人練習では独自の攻略法を編み出したりして、練習試合で起用してみるのです。プロゲーマーチームに所属することによって、チーム内のミーティングや反省会などももちろんあるわけです。 プロゲーマーになる 日本人トッププロゲーマーの年収は3000万といわれています。これが海外ともなると億単位の年収になるトッププレイヤーもいるのです。これだけ聞くと、ゲーム好きの人はプロを目指したいと思うのではないでしょうか?とはいえ、このレベルに来るまでには生計が立てれない人もいます。実力によって事務所より固定給が支払われたりもします。独自でプロゲーマーを目指すことも可能ですが、技術的なことを学ぶために専門学校へ通う人も少なくありません。専門学校の中には、eSports専用のコースが含まれているところも登場してきています。とはいえ、プロゲーマーになるための特別な資格や免許が必要なわけではないのです。深く知っておくことで、それなりの知識が増え「プロゲーマー」になりやすいのは本当ですが・・・ 今からでも遅くない ファミコン世代の人でも今から「プロゲーマー」を目指すのは遅くないといえます。ストリートファイターなどの昔懐かしのゲームなら、操作の仕方を覚えるだけで始められるかもしれません。プロゲーマーの世界は年齢や性別を問わないので、腕を磨きさえすれば不可能ではありません。ただし、プロチームに入るための条件設定はあるので一つのゲームに絞って、この条件をクリアしていくことが大切です。 プロゲーマーとして知名度が上がると、雑誌のコラム連載の依頼が来たり、イベントなどへの参加、動画作成など活躍の場はたくさん広がってきます。

Read more
December 15, 2019comment(0)

カラオケもスマホの時代

Switchとスマホを連動 任天堂Switchとスマホを連動させるだけで、どこでもカラオケが楽しめるようになりました。無料アプリをスマホにダウンロードして、QRコードを読み取ったらセットアップするのみ。たくさん思う存分歌を歌いたくなったら、人に気を使うこともなくどんどん歌っていけるので、曲をリスト化し、バリエーションが一気に増えるはずです。知らない歌も一人カラオケなら、思う存分練習ができるというものです。 一昔前のカラオケ 一昔前のカラオケといえば、元祖ファミコンの2倍くらいあるカセットを段ボール大くらいの大きさの機械に差し込んで歌っていました。選曲もものすごい分厚い本から選んでいたのです。その後、カラオケボックスがどんどん進化していき、選曲もデジタル化してきました。点数を競ったりなど、歌うこと以外の楽しみも増えていき、この頃からカラオケ=大人の娯楽 ではなくなり、カラオケボックスは家族で出かける場所にもなってきました。 やっぱり任天堂が一番乗り カラオケも、「ドンキーコング」や「マリーブラザーズ」の生みの親、コンピューターゲームの歴史を代表する任天堂がやっぱり一番乗りでした。子供からオバァちゃんまでが楽しめるHIT曲がずらっと14万曲以上も収録されていて、これからもどんどん増えていく予定だそうです。音高や速さも調節できて、歌の採点までと、カラオケで必要な機能はちゃんと揃っています。と、ここまでなら今ならどこにでもありそうですが、ここは天下の任天堂、全国のプレーヤと競い合ったりできる機能など、元前のサービス精神が製品に反映されているところはお見事です。 JOYSOUND インターネットに接続して無料でソフトをダウンロード。その後は、カラオケボックスと同じように時間ごとの「期間券」をネットから購入するのみです。任天堂Switchで遊ぶのに必要なのは、この期間券とインターネット通信、専用マイク(USBマイクでも使用可能)のみ。スマホで遊べるとなれば、ちょっと立ち寄った家でも、忘年会でも、花見でも盛り上がること間違いなしです。 その他のカラオケアプリ PS4でも任天堂3DSでも遊べるJOYSOUNDの他に、歌スマや、カラオケ! 好きなだけ歌いましょう、Pokekara、Karastaなどがスマホアプリに存在します。無料のものから、選曲によっては購入が必要なものもありますが、今の時代はどこでもカラオケの時代というわけです。

Read more
June 13, 2018comment(0)

ゲーム,映画好きが散策したくなる世界の街並みまとめ

ゲームや映画のいいところは世界観。私個人として、そう言い切ります。とにかく世界観が素敵な作品に出会うと、その中に飛び込んで暮らしたいとすら思うものです。そんな願望を夢のままで終わらせていいのでしょうか。いいえ、そんなことをしていてはもったいない。だからこそ、飛び出しましょう。世界に、世界中には映画かゲームの場面をまるっきり再現したかのような絶妙な街並みがあるのです。 1. 韓国、全州 どこか日本の昔のような街並みでありながら、韓国らしさの色濃く残る場所、それが全州です。朝鮮王朝発祥の地とされており、1000年以上の歴史を持ちます。この場所はビビンバで有名で、観光エリアを歩けば、たくさんのビビンバメニューを目にすることができます。治安が非常によく、夜歩き回っても何の問題もありません。歴史情緒が漂うかと思えば、ドローンを売るお店があったり、流行りのVRが体験できるブースがあったりと、過去と未来が絶妙にマッチした町とも言えるでしょう。川にかかる橋には、ゆっくりと夕涼みができるスペースが設けられており、ここでお酒を飲みながら友達と談笑をする時間は素敵なものです。観光地が多く訪れる場所ではあるものの、決して、「表面的な」印象は受けません。むしろ、観光客の多くが韓国国内からであり、私たちは、国外のローカル感を十分に楽しむことができます。 2. フィリピン、エルニド フィリピンの中でも秘境に分類されるエルニドは、パラワン島の最北端に位置します。ここにあるのは切り立った崖と、美しい海。ただのビーチずきのための場所ではない所に奥深さを感じます。食べ物の屋台が立ち並び、レストラン形式のお店に入っても、かなりの安値でカレーや串焼きなどを楽しむことができます。海がありつつ、すぐ反対側には驚くべき高さの山々があり、見上げれば、何分も…口を開けたままになってしまいそう。フィリピンの首都マニアの喧騒を抜け出して、自然に触れるにはぴったりの場所です。フィリピンの地形上、飛行機を利用することになりますが、それだけの価値はあります。フィリピンを代表するビール、サン・ミゲルを飲みながらビーチで過ごす時間は格別です。 3. 中国、香港 世界でも最も地価の高い場所として知られる香港は、その名の通り香港映画の世界に浸るにはもってこい。香港の良さは、その煩雑さでしょう。決して清潔感があり整然としているとは言いがたいからこそ「冒険心」がくすぐられます。マフィアが実は、路地裏にいたりして…と夢を膨らますのが個人の自由。香港の中でも特に地価の高い中心部の安宿に泊まってみることをオススメします。雑居ビルの中に無理やり作られたような部屋。扉を開けると、そこは異世界。何百、何千という人が小さなエリアにひしめきあいながら暮らしていることを考えると、ここにあるバイブやエネルギーを感じずにはいられません。香港は中国でありながら、英語やグローバルという言葉が最もしっくりくる場所。絶妙な融合、そして、世界をリードする先進都市を肌で感じてみることをオススメします。 4. モロッコ、タンジェ モロッコはアフリカ大陸の北端に位置する国です。アラビア情緒が溢れながらも、ヨーロッパなどの影響も受けた不思議な場所です。いかにもアラビアンナイトのような迷宮を楽しむのもいいものですが、さらに、通な楽しみ方をご紹介しましょう。目指したいのがタンジェです。タンジェはモロッコの中でも北端に位置する都市で、歴史的に、貿易の要所として栄えました。この街の良さは、仄暗さです。暗さを感じます。旧市街の小道を歩いてみましょう。何か、裏がありそうな気がしてきます。港町であり、ここにはスパイの歴史もあります。角を曲がるごとにドキドキすらする。臨場感があって、ゲームの世界にでもいるみたいです。モロッコは治安の面から軽々しく旅行できる場所ではないとされていますが、そんな国の中でもさらにダークな匂いが漂う路地裏を歩いてみる…そそられます。 さて、今回の記事はいかがだったでしょうか?世界には、なんとも世界観が絶妙な場所がたくさんあるものです。人間の一生など限られているので、できるだけ、多くの世界を体感してみたいものです。映画やゲームの主人公になって路地裏を散策して、わざと迷ったりして…考えるだけでアドレナリンが出てきそうです。ただし、ご注意を。あまりにも入り込みすぎると何があるかわかりません。笑って「あんなトラブルがあったね」と言える程度なら思い出作りになりますが、盗難や命の危険などは是非とも注意してください。

Read more
May 22, 2018comment(0)

今だからもう一度注目したい不朽の名作ゲームを振り返る

どの時代にも素敵なゲーム作品があるもの。不況であろうと、好景気であろうと、オリンピックに湧く日本だろうと、多方からゆとりを助長するとやゆされようと…そんなことは御構い無し。むしろ、ゲームこそが、ある意味で社会を構築していると言えるでしょう。ゲームにより人々は癒され、ゲームにより息抜きをして、また、それを生き甲斐として…。今回は、絶対に忘れてはならない時を超えた不朽の名作タイトルをご紹介します。 『星のカービィ スーパーデラックス』 『星のカービィ スーパーデラックス』は言わずと知れた名作でしょう。このタイトルを遊んだことのない平成元年周辺組は存在しないと言っても過言ではないでしょう。スーパーファミコンを代表するバランスの取れた作品とも言えます。実際、これ以後にカービィ関連タイトルは大量に世に送り出されていますが、未だに「スーパーデラックスこそが、やっぱり一番」と感じる人があとを絶ちません。このタイトルの素晴らしさは、ズバリ、2人同時プレイという画期的なゲームプレイと、幅広い能力を取り入れたことで生まれた、やり込み/コレクション感でしょう。2人同時プレイと言っても、決して、その二人が戦うわけではありません。むしろ、協力プレイという表現の方が正確でしょう。もちろん、レースや早押しといったミニゲームを通じて2人で競い合うこともできます。しかし、一番の醍醐味は、カービィともう一人の助っ人(コピー)が手を合わせて困難を乗り越えていく様でしょう。カービィが敵を吸い込むと、そのキャラクターに応じて能力を獲得することができます。中にはスカという、何も能力を持っていないキャラクターもいますが、多くのキャラが面白い能力を備えています。例えば、ファイヤー、ソード、ボム、ファイターといった攻撃的なものから、アイス、ビーム、プラズマといったトリッキーなもの、ホイールやウィングといった移動に力を発揮するものまで多岐に渡ります。これに深みを加えるのが、カービィとコピーによる能力発揮の違いです。例えば、カービィがプラズマの能力を獲得すると、電気を帯び、それと放つことができるようになるのですが、コピーの場合には、存在そのものが“浮遊するプラズマ”になります。常に宙を浮いているので、足場の不安定なステージでは特に強さを発揮します。 『ファイナルファンタジー7』 ファイナルファンタジー7は、単なるゲームの枠を超えた超大作です。当時では信じられないほどのグラフィックスは言うまでもなく、キャラクターの作り込みも圧倒的で、一つの長編映画を見ているような気分に浸れます。数あるFF作品の中でも7をプレイした時の感動は忘れられないと言う人はたくさんいます。ファイナルファンタジー7はVRとはいかないまでも、深い没入感を誇ります。これをプレイしていると、どこか別の世界に迷い込んでいるような気分になるのです。BGMとステージが絶妙にマッチし、異国情緒すら漂います。ステージを進むごとに、それぞれの場所で仲間に出会い、物語が繰り広げられ…いつまでも止めることのできない連続ドラマに浸っているような気分に。ワールド移動時のキャラクターそのものはいかにも画素数の荒いポリゴングラフィックスですが、これがまたいい味を出しています。戦闘画面も秀逸です。マップ上を進んでいると突然敵が現れ、戦闘画面に切り替わります。各敵キャラクターの描写は美しく、ものすごい迫力で、時に恐怖すら感じさせます。このような要素は本来、扱うのが難しいもので、怖くしすぎると、一定の層からの人気を失うリスクがあります。ファイナルファンタジー7はこの点を恐れずに果敢に挑戦し、その結果、絶妙なラインを達成することができたと言えるでしょう。絶妙な恐怖感はプレイする者の心拍数を上げ、アドレナリンの生成すら誘発します。そして、そんな恐ろしい敵を撃破できた暁には、なんとも言えない高揚感に浸ることができるのです。ファイナルファンタジー7は、ある意味で、エクストリームスポーツをプレイする時のようなスリルをうまく演出しています。複雑かつ鮮明なグラフィックスの表現が難しかった当時にプレイステーションにてこのような臨場感を作り出した制作スタッフの技量には頭が上がりません。キャラクターの個性にも注目したいものです。当時のゲームタイトルではありえないほどに、精巧に作り込まれており、それぞれの過去などに強烈に感情移入すること間違いなし。単純にゲームをプレイせずに、横から成り行きを見守るだけでもファイナルファンタジー7を楽しむことができます。これは、このタイトルがストーリーに力を入れていることの揺るぎない証拠です。

Read more