映画 | ゲーム

Category Archives: 映画

October 21, 2020comment(0)

あの懐かしの映画が流行っている

ET

一昔前に一世風靡したあの映画が、コロナ自粛によってカムバックしているという。今の子供たちが視聴すると、とてもレトロにも写ってしまう映画の数々は、その感動を及ぼすハイボルテージな内容が人気のようです。 戦闘がメインである最近の映画も中々人気は衰えませんが、コンピュータ ゲーム 歴史にあるゲームが最近人気が出てきているように、80年代にヒットした感動作品映画がお決まりとなっているよう。 E.T 80年代の子供映画といえばこれ!どの映画館も満員御礼だったこのET時代には、まだテレビを録画するような風習も、レンタルビデオもなかったためなのか、どこの映画館もいっぱいだったそう。1982年に公開された超大物監督スティーブン・スピルバーグによる、SF子供映画のETは、55回アカデミー賞をの賞を総なめした人作品なのです。 あらすじ 森の中に降り立ったUFO。やってきた一台の車を見つけると共に、急ぎ足で森を去っていきます。しかし、その時にエイリアンが1匹取り残されてしまう。迷子になったETは、街へと歩き始めます。そして、主人公エリオットの家までたどり着き(以下省略)、エリオットとの交流を深めていくという、一見聞くととてもシンプルな内容なのですが、この映画のメインは終盤にエリオットとETが自転車に乗って空へと飛び立つシーンではないでしょうか?最終的に、ETは帰っていってしまうという物語なのですが、気なる方、ネットフリックスなどの動画視聴サービスでご覧になってみませんか? 闘う男の映画といえばこれ レトロな闘うシリーズの俳優といえばこの人、シルヴェスター・スタローン。シュワちゃん知事のさらに前に、世界中の人気者となった俳優なのです。ランボー、クリフハンガーという映画のタイトルを聞けば、なんとなくイメージがつくでしょうか?初代筋肉ムキムキハリウッドスターとまではいかないものの、ハリウッドで一番筋肉セレブといえるのがこの人。シリーズまで発展した映画、ロッキーで主人公を演じた俳優です。この映画は、彼本人が脚本を書いた世界的にも知らない人はいない、ボクシング青春映画なのです。その後、2006年、2007年までもシリーズが続いているこの映画は、2015年には続編映画が出るなど、いまだに人気は衰えていないよう。スターロン主演の映画、自粛待機中にはもってこいの映画だともいえます 普段の生活の中では、なかなか視聴することなどないような、レトロ映画の数々。この機会に視聴してみてはいかがでしょうか?

Read more
August 4, 2020comment(0)

PS4をさらに楽しむ方法

PS4で、ゲーム以外にも楽しめる方法があるのはご存知でしょうか?実はバラエティ豊かなPS4、有効活用してどんどん楽しみましょう。 カラオケ カラオケボックス並の配信料と更新量をもつPS4対応のカラオケシステム。本体専用のマイクも販売されています。 PS4に専用アプリをダウンロードし、チケットを購入後カラオケを楽しむことが可能です。さらには、「JOYSOUND TV PLUS」「カラオケ@DAM」などに加入すると、自宅がカラオケボックスに早変わりとなります。 JOYSOUND TV PLUS 毎月5曲まで無料でカラオケを楽しむことができるのが、ここJOYSOUND TV PLUSです。月間歌唱ランキング、特集、さらにはJOYSOUND VRを接続することで、360度3Dサウンドの映像コンテンツが堪能できます。ディスク版に収録されている曲であればオフラインで歌うことが可能ですので、インターネット回線を利用しなくても楽しむことが可能です。 カラオケ@DAM カラオケ@DAMの特徴はカラオケボックス同様、「メロディー通りに歌えているか?」などの採点結果を競い合うことができる、パーティにはもってこいのアプリケーションです。 動画配信サービス 日本のコンピューターゲーム歴史をぬりかえたPS4に対応している動画配信サービスは5社。少ないようにも聞こえますが、大御所を5社抑えているのはさすがはPS4。利用方法は、パソコンやテレビより配信サービスに登録し、PS4にアプリケーションをダウンロードするのみ。あとは、好きなTV番組や映画を楽しむのみ。 ※【同時視聴】とは、同時に複数のデバイスで視聴できる数字です。ユーザー登録数とは異なります。 UーNext(ユーネクスト) 【月間料金】   1990円【作品数】    130000本【無料お試し期間】31日間【同時視聴】   4台PS4でできないこと・ダウンロード・倍速再生・雑誌読み放題 動画配信はPS4でもHD高画質。質の良い番組が堪能できます。 Hulu(フールー) 【月間料金】   933円【作品数】    50000本【無料お試し期間】2週間【同時視聴】   1台PS4でできないこと・ダウンロード・FOXチャンネル 日本のバラエティからテレビドラマまでこれ1本で試聴が可能。 NETFLIX(ネットフリックス) 【月間料金】   ベーシック=800円         スタンダード=1200円         プレミアム=1800円【作品数】    非公開【無料お試し期間】30日間【同時視聴】   プランにより1〜4台PS4でできないこと・ダウンロード 画質がプランによって画質が変わってきます。例えばベーシックプランではSD画質、スタンダードプランでHD高画質、プレミアムプランUHD4Kと画質が変わりますが、どれもPS4で視聴するには十分だといえます。 Amazonプライムビデオ 【月間料金】   月間プラン=500円         年間プラン=4900円【作品数】    非公開【無料お試し期間】30日間【同時視聴】   3台PS4でできないこと・ダウンロード Amazonオリジナルコンテンツを含む全ての動画が視聴可能です。 DAZN(ダゾーン) 【月間料金】   ドコモユーザー=980円         ドコモユーザー=1750円【視聴可能試合数】年間1万試合【無料お試し期間】30日間【同時視聴】   2台PS4でできないこと・ダウンロード PS4を使えば、プロ野球、欧州サッカー、テニス、バスケBリーグ、NFL、総合格闘技などスポーツ全般を視聴することが可能です。

Read more
July 15, 2020comment(0)

ブラックジャック

長期連載マンガであったものの、そのファン数は絶大なもので、子供から大人まで途中で読むことを止めることのできない漫画と言われている、手塚治虫の漫画「ブラックジャック」。1973年に執筆が開始されてから、今までで世に送りだした物語は全238話で、これは手塚治虫がこの世を去った今でも、アシスタント達の手により、現代版として執筆され続けています。 ブラックジャックってだれ? 闇の敏腕医師であるブラックジャックもまた、師匠である、本間先生に命を救ってもらい、新しい命を吹き入れてもらった一人なのです。子供の頃に不発弾によって体がバラバラとなってしまった、ブラックジャックは本間先生に、人間としての体を組み立てもらい、その後医師として育てられました。闇医者とはいえ、元は本来の免許を保持していた医師だったのですが、あることをきっかけに医師免許を剥奪されてしまいます。 交通事故で実の姉と体を共有することになった、「アッチョンブリケ」と言っている時の表情が可愛いピノコ。ピノコはブラックジャック自らが命を吹き込んだ可愛いアシスタントなのです。自分と同じ数奇な運命をたどるピノコの気持ちがよくわかるブラックジャックの手術費用は、数百万から億までとかなり高額ではあるものの必ず直してくれる医師として、知るぞ知る存在なのです。その後、びっくりするような症状を見事に完治させていくといったストーリー展開。支払いが不可能な人間からは、一切治療費は取らないといったスタンスが、人間をもう一度再確認させてくれるような、そんな医師なのです。名言をよく残すとしても、よく知られているブラックジャックですが、時折悩みを抱えるブラックジャックを精神的に支えるのは、命の恩人の本間先生と、命を与えたピノコなのです。 手塚治虫 博士と共に悪者をやっつけていく「鉄腕アトム」、交通事故で母をなくし、赤いキャンディと青いキャンディで状況によって、赤ちゃんから大人に変身していく「メルモちゃん」、そしてベルサイユのばらと並んで人気だった「リボンの騎士」を書き上げた1928年生まれの天才漫画家です。 残念ながら今は亡き天才漫画家である、手塚治虫については「手塚治虫記念館」でその歴史を振り返ることができます。同じ天才漫画家である藤子不二雄や鳥山明などは、この素晴らしい漫画家を目指したことによって、この世に名を知らしめしたと言われています。ゲーム 歴史がどんどん塗り替えられていく今でも、愛されている漫画家、それが手塚治虫なのです。

Read more
June 28, 2020comment(0)

80S再び大流行 ドラゴンクエスト

スライム

1980年代に大流行した「ファミコン世代」のときめくゲームドラゴンクエスト。日本で初めてのRPGゲームがスーパーファミコンに落とし込まれたゲームでした。 発売された当初は、ほとんどの子供が学校帰りに友達の家へ立ち寄って、ゲーム対戦をするくらいの人気ゲームでした。その後、ゲームボーイでも遊べるようになり、人気はまたもや急上昇した「団魂ジュニア」世代の象徴ともいえるゲームです。 団魂ジュニアとは? 1971年から1974年の日本で生まれた世代のことを指します。ベビーブームのこの年に生まれた人たちは、バブルから氷河期までを知る今の日本にとって、貴重な存在でもあります。 ドラゴンクエストとは? ゲームスタート時に主人公(伝説の勇者”ロト”)の名前を決定しゲームを進めていきます。竜王にさらわれた姫を救い、最終的には竜王と対戦し勝利をあげるのを目的とするゲームです。 HP・MP・力・素早さ・経験値・ゴールド・攻撃力・守備力パラメーターがゲームを進めていくためのパラメーターとされ、ステータスがどんどん上がっていき、マックスステータスは30です。ゲーム中に、所持品を交換したりグレードアップしたりなど売却したりなどが可能です。この他にもたいまつや体力を回復させる薬草などを購入うするとが可能となります。”竜の鱗”は守備力を上昇させ、各ドアを開ける鍵などを冒険中に入手していきます。 ドラクエシリーズランキンングTOP3 ドラゴンクエストV〜天空の花嫁〜 ドラゴンクエストII〜悪霊の神々〜 ドラゴンクエストX〜目覚まし5つの種族〜 ドラゴンクエストV〜天空の花嫁〜 1992年に販売されドラゴンクエストシリーズ第5作目。ファミコンからスーパーファミコンへ移った時期のゲームです。主人公を操作し、伝説の勇者を捜し出し「光の教団」を倒すことを目的としている。”愛がある・冒険がある・人生がある”というキャッチコピーのこのゲームでは、前回までの「章ごと」の展開ではなく主人公の幼少期〜成人期までがテーマとなっている。この時から「話す」「扉」「調べる」などがボタン人一つで簡単にプレイできるようになりました。 ドラゴンクエストII〜悪霊の神々〜 1987年に発売されたドラゴンクエストシリーズ第2作目。本作よりプレーヤー三人でプレイが可能となりました。キャラクターデザインにはあの鳥山明氏が加わり、さらにゲームクオリティーが上がった1作といえます。ゲームのメインキャラクター(プレーヤー1)はローレシアの王子と呼ばれ、その他、サマルトリアの王子、ムーンブルクの王女などが登場するが、一人で遊ぶ場合にはコマンドボタンで他の名前をつけることが可能です。 ドラゴンクエストX〜目覚まし5つの種族〜 スーパーファミコン世代より、NintendoやPS4版、Wii U版、Windowsなどのクラウドゲーム版、など様々なゲームで遊べるこのシリーズは、子供から大人までハマること間違いなしのドラクエシリーズといえます。 ドラクエの歴史に登場する歴代モンスターが顔を揃えるが、このゲームでは5種族世界観に合わせた新しいモンスターも追加されています。このゲームでは、主人公の容姿の設定がプレーヤーで行うことが可能で、パーティ機能もさらに充実の四人まで一緒にプレイが可能となります。誘った本人がパーティリーダーとなりゲームを進めていきます。 コンピューターゲーム歴史と共に歩んできたドラクエ、2000年代には映画化もされて、ますますゲームバリエーションが増えていきそうな期待感「大」のゲームでもあります。

Read more
February 17, 2018comment(0)

テレビゲームが原作!人気の実写映画3選!

初の実写化!「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」 元ネタとなっている作品は、世界中で爆発的ヒットを起こしたテレビゲーム『スーパーマリオブラザーズ』です。1993年にアメリカで50億円もの製作費をかけた実写映画として知られています。 ゲーム本来のコンセプトとしては、「マリオ」と「ルイージ」の兄弟が捕らわれた「ピーチ姫」を「クッパ大王」から奪還するというものですが、この作品でも悪者にヒロインがさらわれる」という点は踏襲しています。ゲームのような痛快な展開というわけにはいきませんが、ハリウッド映画らしく迫力満点でドラマティックな内容が大きな魅力です。 キャッチコピーを見ても分かる通り、少々原作とは異なる内容で制作されているため、キャラ設定に多少の変更がある点がポイントです。たとえば、主人公であるマリオとルイージは「名前」であり、これとは別に「苗字」が設定してあります。しかも、その苗字は「マリオ」なので、ルイージ(ルイージ・マリオ)はまだしもマリオに至っては「マリオ・マリオ」というわけの分からないものになってしまっています。 また、ヒロインであるピーチ姫は原作通りの設定で登場するわけではなく、地下帝国の王女である「デイジー」の通称としてのみ登場する形です。しかも、恋仲になるのはマリオではなくルイージの方と明後日の方向にベクトルが向かい続ける作品に仕上がっています。原作とは大幅に変わっているものの、「最強マリオ」をより強く実感できる良作と言えます。 実写で迫る恐怖!「バイオハザード」シリーズ ホラーゲームの金字塔と言っても過言ではないほど全世界で人気を博した作品『バイオハザード』は、日本でもたびたびテレビ放映されるほどの人気があります。すでにシリーズは6作目(最終作)に突入していて「最終章」となっていますが、今後も何らかの形(スピンオフなど)で続編がリリースする可能性は十分にあり得ます。 原作では、「アンブレラ社」が開発したT-ウィルスによって人類がゾンビ化し、パンデミックして全世界に広まっていく中、一部生き残った人類が問題解決に向かっていくというストーリーです。映画でも似通った設定が採用されていますが、根本的な部分に乖離があったりと別作品として考えた方が良い側面もあります。 劇中の設定としては、アンブレラ社やT-ウィルスの存在こそ同じですが、主人公はT-ウィルスに抗体を持つ「アリス」がアンブレラ社、ならびに「ウィスカー」などの野望、陰謀を阻止するべく立ち向かっていくというストーリーに仕上がっています。超人的な身体能力を持つアリスは、自然体の人間ではなく研究の中で完成した人間で、その能力をコピーするための実験が引き金でパンデミックが起こります。 アクション、ヒューマンドラマなどさまざまな要素が折り重なった作品に仕上がっているので、単なるホラー映画としての楽しみ方とは一風変わった楽しみ方ができます。また、原作とは異なる要素の一つに「オマージュ」があり、「不思議の国のアリス」などの要素がふんだんに登場します。 実写でよりリアルに!「龍が如く 劇場版」 PS用ソフト「龍が如く」を完全実写化した作品であり、ゲームの世界観をしっかりと再現したことでも多くのファンがいます。元々のゲームファンはもちろんのこと、映画としても非常に見ごたえのある作品に仕上がったことによる完成度の高さも相まって、この作品から入ったファンもたくさんいます。 映画でも暴力的なシーンは多々見受けられますが、やはりこの手の内容はゲームだからこその部分がたくさんあります。単純な暴力だけが魅力というわけではなく、男性ならば「最強」という称号に憧れを抱いたことがある人が多いこと、女性ならば「男らしい男」に対して魅力を感じる人が多いことなどを良く表現している作品であることが魅力です。 ゲーム内では非常にリアルで年齢制限がかかってしまうほどですが、この点は映画作品でも同様です。低年齢層は視聴することすらままなりませんが、家庭で視聴する場合には両親の同意があれば問題なく視聴することができます。ただし、それなりにハードな内容だということをしっかりと把握し、それを踏まえつつ視聴させることが必要です。 ゲーム内では「遊郭」「キャバクラ」などで女性とのコミュニケーションを楽しむミニゲームも設定してありますが、こういった部分は映画に反映されてはいません。一応、女性との関係が見て取れるシーンはあるものの、「ありきたり」な内容でしかありません。シリアスとコミカルが複合したゲームと比べ、映画はシリアルな部分が前面に出ています。

Read more
January 10, 2018comment(0)

息を飲むモンスターアクション!『ヴァン・ヘルシング』映画紹介と感想

ヴァン・ヘルシングの映画紹介 「ヴァン・ヘルシング」は2004年5月7日に公開されたアメリカ映画です。 モンスターハンターであるヴァン・ヘルシングがドラキュラ伯爵にフランケンシュタインの怪物、そして狼男と激闘を繰り広げるアクション映画となっています。「ハムナプトラ」シリーズや「ザ・グリード」を手掛けたスティーヴン・ソマーズが監督をつとめ、「X-メン」で主人公を演じたヒュー・ジャックマンがヴァン・ヘルシングのキャストとして抜擢されました。 アメリカでは公開直前にプレミア上映されるほど注目を浴びています。 実際にその反響は凄まじく、週末興行成績で初登場1位という業績を叩き出した後は5週間もトップ10に食い込んでいたほどです。興行収入は1億2千万ドルを超えた興行収入は2004年に公開されたアメリカの作品の中で16位という順位として残っています。日本では同年9月4日に公開された時はアメリカと同様に全国週末興行成績で初登場1位になりました。 「ヴァン・ヘルシング」はブラム・ストーカーの代表作「吸血鬼ドラキュラ」を題材にした作品で、タイトルは原作ではドラキュラと戦った大学教授の名前から名付けられています。ですが映画では主人公のヘルシングは大学教授ではなく、バチカンのカトリック教会の裏組織に所属する不死身のモンスターハンターとして新たに生まれ変わりました。大胆な設定変更に当時は話題を呼びましたが本作ではドラキュラの他にフランケンシュタインの怪物と狼男も登場する事が発表された時には欧州伝承の三大怪物が一堂に会するとあって反響を呼びました。 ヴァン・ヘルシングのあらすじ 19世紀、過去の記憶をなくしたモンスターハンターのヴァン・ヘルシングはパリから帰還したローマで新しい任務を受けます。その任務とはルーマニアにいるドラキュラの抹殺とそのドラキュラと戦い続けているヴァレリアス一族の保護です。相棒のカールとともにトランシルバニアに向かいますが、そこで待っていたものはヘルシングに待っていたものは一族の王女のアナと彼女を襲うドラキュラの花嫁達でした。 当初はアナを戦いから遠ざけようとしたヘルシングですが彼女の兄であるヴェルカンが狼男になってしまった事で2人は共闘する事になります。さっそくドラキュラ伯爵の城に乗り込んだ2人は機械につながれたヴェルカンを目撃しました。伯爵は400年間生み出していた子供たちに命を与えようと既に殺したフランケンシュタイン博士に機械を作らせて狼男を利用していたのです。しかし実験は失敗に終わり、2人は後にします。そして風車小屋の跡地でフランケンシュタインの怪物に出会った事で伯爵の野望は達成寸前である事を知りました。 通常の攻撃を無効にする伯爵に2人はローマに支援を求めようとしますが、結果としてアナは誘拐された挙句にヘルシングは狼男に噛まれてモンスターになる事が決定します。しかし伯爵の弱点が狼男である事を知ったヘルシングは死闘の果てに伯爵を倒しました。 一方、アナはヘルシングを人間に戻す薬を見つけ出して彼に注射します。 しかし注射した際にアナは狼男と化したヘルシングに噛まれてしまい命を落としました。悲しみに暮れながらもアナを弔ったヘルシングはカールとともにルーマニアを去るのでした。 ヴァン・ヘルシングの感想 はっきり言って「ヴァン・ヘルシング」の評価は高くありません。 その理由は見ればよく分かります。簡単にまとめてしまうと「ドラマがないから」です。主人公であるヘルシングとヒロインのアナとの触れ合いが互いにどのような影響をもたらしたのか伝わりにくく、同じくアナの死はヘルシングにどのような変化を与えたのか描写されていない事が残念でなりません。せめてヒロインの死によって一時期ヒーローを止めたものの、彼女の遺した言葉で再び立ち上がる「アメイジング・スパイダーマン」のような展開でもあればアナの死も納得できました。あの作品のヒロインの死は衝撃的でしたが、それでも納得できます。 それからラスボスであるドラキュラ伯爵とヘルシングとの関係が説明されずに終わった事も不満です。作中では伯爵はヘルシングを「ガブリエル」と親しげに呼びます。当のヘルシングは心当たりがありませんでしたが、その親愛な態度によって伯爵は記憶がないヘルシングにとって唯一の過去の記憶の手掛かりとしてラスボス以外の役割を匂わせていました。しかしヘルシングの記憶は作中では触れられずに終わってしまいます。正直に言って拍子抜けしました。他にもご都合主義な展開が多く、せっかくの魅力的な要素を薄めていた印象があります。 ただし戦闘シーンやアクションシーンは素晴らしいものでした。 カメラワークやCGなどで演出されたモンスターと人間との戦いは激しくもありながら華麗でもあって面白かったです。ストーリー性がない点だけが残念でなりませんが、派手なアクションやバトルが見たいという方にはおすすめできます。 また個人的なポイントですが冒頭で登場するジキル博士とハイド氏は嬉しかったです。

Read more
January 3, 2018comment(0)

大人気ゲーム作品の映像作品!『バイオハザード:ヴェンデッタ』映画紹介と感想

バイオハザード:ヴェンデッタの映画紹介 「バイオハザード:ヴェンデッタ」は人気ゲームソフト「バイオハザード」を原作とした、CG技術による長編アニメーション映画です。CGによる「バイオハザード」の長編アニメーション映画は今作で3作目になります。監督は辻村貴則氏、製作総指揮には清水崇氏が起用されました。辻村氏はアクション、清水氏はホラーと、両名が得意とするところが余すところなく映画に盛り込まれています。ゲーム「バイオハザード」はバイオテロを壊滅すべく戦っていくという内容です。シリーズ化されており、様々な敵が現れ、それによりメインキャラクターがシリーズごとに変わっていきます。そのため、主人公となる人物が多くいることも特徴のゲームです。今回の「バイオハザード:ヴェンデッタ」にも新たな敵が登場します。メインキャラクターとなる人物は初のタッグとなる組み合わせや、久しぶりの登場となるキャラクターが起用されているため、ゲームファンにとっては大変に興味深く、注目すべきポイントになることでしょう。ゲームをプレイしたことのある人はもちろんのこと、プレイしたことのない人にも注目すべきポイントが大いにある映画内容になっています。おすすめしたい注目すべきポイントは、「バイオハザード」という作品が主としている「ホラー」と「バトル」です。その2点が映画の中でいかに際立っているか、実際に映画館で鑑賞した際に、いかにドキドキさせられるかというところでしょう。「バイオハザード:ヴェンデッタ」の「ヴェンデッタ」とは「復讐」と意味するということです。どの辺にこのサブタイトルが掛かってくるかというところにも興味が引かれます。 バイオハザード:ヴェンデッタのキャラクターについて 「バイオハザード:ヴェンデッタ」のメインキャラクターには、クリス・レッドフィールド、レオン・S・ケネディ、レベッカ・チェンバースの3人が起用されています。クリスはゲームでは「バイオハザード1」に登場したキャラクターでその後の作品でも度々登場しているキャラクターです。レオンが初めて登場したのはその後の作品からで、特に「バイオハザード4」では大活躍をしています。特記すべきことは、「バイオハザード:ヴェンデッタ」の中で、今までのゲームシリーズでもありえなかった初の試みとして、この2人がタッグを組むことです。そして、「バイオハザード1」と「バイオハザード0」以降、登場することのなかったレベッカが今作に起用されたことでしょう。時系列とすれば「6」の後の話となるということで、最初の作品からはだいぶ年月の経った話となります。クリスは対バイオテロ組織、レオンはエージェント集団に所属し、かつてはクリスと同僚だったレベッカは大学教授になったという設定です。そして今作でも新しい仲間たちと、新たな敵が登場します。仲間たちはそれぞれに個性的で、なぜその職業に就いたかという理由がそれぞれにあります。今回の敵となるグレンは元CIAということで、頭が回るだけではなく戦闘能力も高いため、バトルシーンには見応えが増すキャラクターです。シリーズには女性キャラクターがポイントになることがたびたびあったのですが、今作には敵方にマリアという女性キャラクターが登場します。その父親と共にとある理由から肉体改造をされているため、感情や体力などが人間とかけ離れています。注目すべきキャラクターのひとりでしょう。 バイオハザード:ヴェンデッタの感想 「バイオハザード」という作品はただのホラーゲームではなく、ただのバトルゲームでもありません。ストーリーがとても良くできているところも人気がある理由です。今回の「バイオハザード:ヴェンデッタ」のストーリーでもきちんとその良さが伝承されていました。「なぜこの人はこのようになってしまったのか」という伏線が最後にはられていました。つい泣かされてしまうという要素も含まれているストーリーです。しかし、ホラー要素もバトル要素も期待を外していません。わかっていてもハラハラしてドキドキしてしまうのがすごいところでしょう。今回もゾンビが続々と登場します。ゾンビとのバトルシーンのアクションはこの作品の最骨頂となる場面でしょう。また、クリスとレオンが共に戦うというシーンや、レベッカの登場は、ゲームファンにはたまらないポイントでした。レベッカは初登場当初は若く、初々しいイメージの女性でしたが、今作では対バイオテロ組織を辞めて大学教授になっていたという設定で、年齢も30代後半とすっかり大人の女性になっていたというのが感慨深く感じられました。随所随所に今までの「バイオハザード」シリーズのことも織り込まれていて、それがこういうことになったのかと理解できたところもあったことが良かったです。ゲームファンじゃなくても単純に楽しめる作品だったのですが、やはりゲームをプレイすることでより楽しめるものになると感じます。最後のほうで、敵のひとりであったマリアの言動から次回作への期待感が沸いてきてしまいました。続編があるといいなと考えています。わかりやすい感想では、CG技術がひじょうに駆使されていて、画像のクオリティが高かったため、全般的にかっこいい作品でした。

Read more
December 26, 2017comment(0)

猟奇的ホラー作品映画紹介と感想:『コープスパーティー』

コープスパーティーの映画紹介 人気ホラーアドベンチャーゲームであるコープスパーティーは2015年に実写映画化されました。人気作の実写化という点だけではなくメインヒロインを人気アイドルである生駒里奈さんが演じたこともあり、多くの人が注目しました。 始まりはとある高校でした。高校生活最後の学校祭が終わり、片付けをしていた数名の高校生たちの中に1人転校する予定の女子生徒がいました。学校祭の楽しかった名残と同時に襲う寂しさの中で、委員長であるあゆみが「みんながずっと友達でいられるように」という願いを込めたおまじないを提案します。「幸せのサチコさん」と言われるそのおまじないを実行した9人なのですが、終わった直後に突然大きな揺れが起こり床が抜けてしまいます。全員がその揺れに巻き込まれて落下し、目覚めたときには見慣れた学校とは違う光景が広がっていました。昔殺人事件が起こった天神小学校へと着てしまった9人は、多くの怨霊たちによって作り出されたその異空間で精神的に追い込まれ犠牲になっていきます。恐怖だけではなく怨霊によって精神的に追い詰められていく様子や犠牲になっていく様はホラー映画ならではの迫力があります。無事に元の世界に戻ることができるのか、そして「幸せのサチコさん」に隠された秘密とは何なのかということを彼らは見つけ出すことができるのかというのがコープスパーティーのあらすじです。ハッピーエンドで終わらなかった「コープスパーティー」では翌年に続編である「コープスパーティー Book of shadows」でストーリーが新たな展開を見せます。 コープスパーティーのゲームについて 人気ホラーゲームであるコープスパーティーは様々な派生作品が出ていますが、第一作目は1996年にPCゲームとして発売されました。アスキーエンタテイメントソフトウェアコンテストにおいて最優秀賞を受賞したホラーアドベンチャーで、非常に猟奇的な作品となっています。 ゲームの登場人物は複数で、舞台となる天神小学校にはグループ分けされて飛ばされます。そのためストーリー展開もグループが切り替わることで行われていき、エンディングも選択肢によって変わっていきます。生存するか犠牲となるかという2択のエンディングだけではなく、その死亡原因も選択肢によって大きく変わっていきます。ゲームはPC版だけではなく携帯アプリ版やPlayStation版などがあるのでシステムも若干異なりますが、大まかなシステムやストーリー、舞台は同じです。 異空間に閉じ込められてしまったという絶望的なシチュエーションだけではなく、次々と襲ってくる怨霊たちに精神的に追い詰められていくキャラクターたちの様子は見ていて恐ろしいものがあります。それだけではなくヒステリックなBGMが余計に恐怖を演出し、プレイヤーに対してストーリーを展開させていきたいけれど展開させるのも怖いという心理状態にさせます。怨霊による恐ろしさだけではなく追い詰められた人間が見せる精神的な恐ろしさも描いたホラーゲームです。正常ではいられない場所に立つキャラクターたちは隠された本性を見せる場面があったり、表には出さなかった感情や人間模様が出てきたりするのも複数のキャラクターが登場する故の面白さです。 コープスパーティーの感想 コープスパーティーが最強のホラーゲームだと言われる所以はストーリーだけではなくBGMや声優の演技などにもあります。また先が見えない恐怖を抱いているキャラクターたちに展開が分からないプレイヤーが感情移入してしまうことが余計に恐怖を倍増させています。この恐怖を実写化するのは難しいのではと多くのファンたちの間ではささやかれていたのですが、実際に放映された映画をみると比較的原作に近く再現されており、コープスパーティーを知っている人たちからすれば抵抗なく見ることができます。しかし限られた時間の中でストーリーを展開していかなければならないので少し予備知識がないと分かりにくい部分があるのも事実です。またゲームでは「旧校舎」が舞台だったのですが、映画では普通の学校が舞台になっていたため恐怖も少し半減してしまったというのが残念な点でしょう。今では一般的ではない旧校舎の存在が恐怖をより駆り立てていたという部分があるのでそこの残念さは多くのファンたちが抱いています。とはいえストーリーだけではなくキャラクターの設定なども原作に近いため実写化によってオリジナル化されてしまうのではという不安を払拭してくれるような仕上がりになっています。更に続編として「コープスパーティー Book of shadows」も公開されているので、最後まで結末を知ることができます。人気アイドルが出演している作品なので、好きなアイドルを見るために映画を観るというのはおすすめできません。また原作通りのものが見たいという人にとっても少し違和感を感じてしまうでしょう。しかしアニメやゲームなどが実写化される現代においては、比較的違和感を感じることなく見られる映画であるとファンたちは高く評価しています。

Read more