映画 | ゲーム

Category Archives: Blogging

November 13, 2018comment(0)

『ブッタとシッタカブッタ』心の運転マニュアル本 レビュー

  『ブッタとシッタカブッタ』は1993年1月に第一版が発行された、心の状態を分かりやすく描く四コマ漫画です。シリーズに『ブッタとシッタカブッタ2 そのまんまでいいよ』『あけると気持ちがラクになる本 愛のシッタカブッタ』があります。   本との出会い 出版当時、どうやらおもしろそうな本が話題になっていると家族が知って興味をもち、なんとなく買ってきて本棚に置いてあったものを読んだのが、この漫画との出会いでした。悩みがあまりに多く悲観的で、心の状態に疑問を持っていた私にちょうどいい本でしたが、当時は正直、半分も意味が理解できませんでした。そのときは「何を当り前のことばかりわざわざ書いてるの?私が知りたいのはそんなことじゃない」と思っていましたが、今読み返してみるとまた違った印象を受けています。心の状態によって見え方が変わる本なのかもしれません。実際、筆者自身も何度か読みなおすことをすすめています。キュートなシッタカブッタを通して、心の運転方法を分かりやすく教えてくれる漫画です。   何年後かに、また発見がある 年齢によって考え方やものごとのとらえ方はどんどんと変化していきます。この本はそのいつの瞬間の問いかけにも答えてくれる気がします。「どうして?どうして?」と抜け出せない悩みに突入してしまったとき、この本が近くにあるとその「どうして」から脱出するためのヒントをくれるかもしれません。人は思い悩んでいるときには、悲観的になったり自分ばかりがつらい思いをしているように感じてしまいます。シッタカブッタが「ああ、どうしてどうして」と思い始めるとアリさんがやってきてひとこと。そのひとことをきっかけにシッタカブッタは自分が「どうして」にとらわれていること自体を疑問に思うようになり、あれこれと自分の考えに翻弄されながらも「どうして」の呪縛から解き放たれます。   すっと分かるとき、分からないとき シッタカブッタが思い悩んでいることに共感できるとき、できないときは読むときの気分によって変わります。さまざまなことに疑問を持ち、シッタカブッタは悩み考えます。そのどの段階が理解できるかで自分の心の状態を少し客観的に見ることができるようになります。自分の気持ちを冷静な目で見られるようになると、自然と「どうして」の答えが見えてきます。その工程もシッタカブッタがひとつずつたどってくれるので、読み進めていくと一緒に考え方をシフトしていくことができます。「どうして」疑問に思っていたのか「どうして」悩んでいたのか「どうして」分からなかったのかが見えてくると、自分が真剣に悩んで苦しんでいたことがフワフワと宙に浮き始めて、不要な悩みや考えがひとつずつ消えていきます(あくまで私のイメージです)。シッタカブッタの悩みがすっと入ってくるときは、とらえ方、考え方の切り替えがスムーズにできるときが多いように感じます。すんなり入ってこないときは、自分に似たブタ(何種類かのブタが出てきます)を見つけて、当てはめてみるようにしています。   シッタカブッタの道しるべ このシッタカブッタの漫画を通して考え方の切り替えをしているうち、自分の力だけでシッタカブッタの歩んでいく工程をたどることができるようになります。そうなると、日常の生活をしていくうえで、とても気持ちがラクになっているように感じます。悩んでしまっても「ああ、今は切り替えがうまくできていないだけなんだ」と思えるようになりましたし、深く悩みすぎて落ち込むことも減りました。それは単に私が歳という経験を経て得たものもあるかもしれません。けれど、きっとその中のひとつに、このシッタカブッタを読んだことで得た心の道しるべのようなものが存在しているのだと思っています。 必ずしもシッタカブッタと同じルートをたどる必要はないけれど、たぶん割と早くたどりつける道を教えてくれているのがシッタカブッタのゆく先で、とりあえずついていってみたら、シッタカブッタの悩みが解消される頃には自分の心の重りも軽くなっているような、そんな漫画です。   自分でとらえ方の見方を変えたりすることができるようになってきた今は、この漫画を開く機会も減りました。それでも今回久しぶりに読んでみると、人生ってやっぱりいいものなのかもな、と感じることができました。シッタカブッタを通して見るのは今の自分の姿です。もし「どうして?」から抜け出せずに苦しくなってしまっていたら、一度この本を手に取ってみてください。何かが見えてくるかもしれません。

Read more
November 4, 2018comment(0)

漫画「ヘルプマン!」と祖母とわたし

老人介護というテーマ 「ヘルプマン!」という漫画をご存じでしょうか。老人介護をテーマにした漫画で、ストーリーに出てくる登場人物の中には実在する人たちをモデルにしているものもあるようです。介護というテーマのため、つらい話も多く、涙せずには読めない内容ばかりですが、これからどんどんと高齢者が増える時代。老人介護については誰も他人事では済まされないテーマといえるのではないでしょうか。   私の背景 「ヘルプマン!」のことを書くにあたって私の周りで起きた出来事を簡単にお話させていただきます。私は今年祖母を亡くしました。ずっと他人事だった介護や人の死についてある日突然考えさせられる環境におかれました。なんとなく考えていたものとは違う現実に戸惑いながらも、祖母の最期は穏やかなものでした。そして家族のことを考えました。次は自分が親を見送る番なのだなと、覚悟をしなければならないときが近づいているのだと感じました。人はいつどうなるか分からないからこそ、無知であることが怖いと感じます。けれどどこまで知れば安心できるのかといえば、課題は果てしなくあるでしょう。この漫画は他人事のような世界が自分の身に起きたとき、ただうろたえるだけでなく、自分にも何かできることがあるかもしれないと問いかけてくれているように感じます。   突きつけられる現実 ジジババのために日々かけまわる破天荒な青年、恩田百太郎(おんだももたろう)。彼のどこまでもまっすぐでピュアな性格が、時に重くのしかかる介護というテーマとのバランスをとっています。 介護を受ける立場の人間と介護をする立場の人間。いつまで続くかも分からない日々の介護の様子が生々しく描かれています。介護は受ける側にも介護する側にも残酷な仕打ちをすることがあります。いつの間にか感情というものをどこかに置き忘れてきたかのような毎日。心身の疲労。仕事や社会と遠ざかり孤立していく生活。介護を通して変化してゆくそういった暗く感じる面もこの漫画はありのままに描き出しています。絶望しかないかのようにも思える世界が繰り広げられますが、最期には立場に関わらずどちらもひとりの人間であるという、当たり前のようで忘れてしまう大切なことを、この漫画は思い出させてくれます。   制度という壁 私もこの漫画を読むまで介護制度についてほとんど触れる機会がありませんでした。亡くなった祖母もずっと元気だったので、私自身「老人」はいると思っていても「介護」というものへの意識はとても低かったのだと思います。祖母が倒れたとき真っ先に思い出したのがこの「ヘルプマン!」でした。以前から家族が持っていたので、たまたま暇なときに手にとり、制度というもののあり方やむずかしさについて「大変なんだなぁ」とは思いながら読んでいました。ただ、読み進めるあいだにも変化していく制度に、こんなに変わるものなの?とついていけず、戸惑いを覚えたのも事実です。介護制度が高齢者の立場にたって考えられているのか疑問に思うこともあります。高齢者の立場からつくりあげるだけでは成立しないことも多々あるのでしょうが…。   シミュレーションのおかげ 祖母が倒れた、介護生活になるかもしれないと思ったとき、あの漫画に描いてあったいろんな出来事がこれから起こるのか、と思いました。「ヘルプマン!」を読んだあとはいつも老人介護のシミュレーションを受けたような気分になります。妙な自信というか覚悟というか、そんなものを感じさせてくれるのです。実際自分の身に起こると当然「漫画のまま」とはいかないのですが「ヘルプマン!」を読んでいたおかげで、祖母に起きた出来事を意外と冷静に受け止めることができたと思っています。ただ、それは祖母だからであって、親が同じ立場になったときはもっと動揺するかもしれません。きっとするでしょう。それでも、この漫画を通して得た予備知識は邪魔にならないものなんだろうと感じています。   生々しく描かれているからこそ、リアルなものだと痛感させられる「ヘルプマン!」の世界。読んでいてとても悲しくつらくなりますが、だからこそ意味があるのだと思います。実生活で、これからは自分の身内が、または自分自身が介護と関わることになるでしょう。高齢化が進む現在、これが他人事のまま終われるという人は少ないはずです。リアルだからこその人のぬくもりというものをより感じられる作品です。

Read more
October 29, 2018comment(0)

世界で愛されるワンピース

子どもだけにとどまらず、大人の心もわしづかみにするワンピース。かわいいキャラからいかついキャラまで幅広い個性的なキャラクターと、とにかく泣けるストーリーにハマる人が続出しています。ジャンプでの掲載が始まった1997年からもう21年目になりますが、いまだ根強い人気があるワンピースについて取り上げてみました。   メインキャラクター キャラクター紹介は詳しく書くとこれから読みたいという人へのネタバレになりかねないため、かなりざっくりとまとめてみました。 「麦わらのルフィ」モンキー・D・ルフィ…悪魔の実、ゴムゴムの実の能力者 「泥棒猫」ナミ…天気を操ってさまざまな苦難に立ち向かう 「海賊狩りのゾロ」ロロノア・ゾロ…両手と口の合計3本の刀を使い敵と戦う 「狙撃の王様、そげキング」ウソップ…パチンコを使った技で相手と対抗する。 「黒足のサンジ」サンジ…高熱になった右足だけで戦う。コックであるため戦いに手は使わない 「わたあめ大好きチョッパー」トニートニー・チョッパー…悪魔の実、ヒトヒトの実の能力者 「悪魔の子」ニコ・ロビン…悪魔の実、ハナハナの実の能力者 「鉄人」フランキー…サイボーグで燃料はコーラ   キャラクターの背景 ワンピースは、各キャラクターの背景が丁寧に描かれているのが特徴ではないでしょうか。バックグラウンドが描かれる回になると必ずほろりとさせられてしまいます。好きなキャラクターへの思いが強くなるのは、様々な苦難を乗り越えてきたからこそ今の彼らがあるんだという気持ちからというのもひとつの理由だと思います。特に興味深いのは、敵となるキャラクターの背景もまた、悲しく切ないものだったりするところです。敵だけれど、話が進むにつれて相手のバックグラウンドが明らかになり、いつの間にか感情移入してしまっているということもしばしばあります。そのため憎らしいけど憎みきれないキャラクターが増えて、敵なのに嫌いになれないというジレンマに悩まされます。逆にいえば、主人公級のメインキャラクターたちのことはもはや嫌いになりようがないという感じです。脇役キャラクターにも同じことが言えます。そのためこのキャラもこのキャラもみんな好き!となってしまい、グッズなどを見かけるともう全部欲しくなってしまうのは私だけではないはず…。   グッズが豊富 ジャンプ掲載ということで、ジャンプショップなどをはじめ、さまざまな会社とのコラボ商品が出されており、街中を見渡せばワンピースグッズが目白押しです。すべて揃えるのは不可能なのではという豊富さですよね。特に好きなキャラクターだけを集めようと思ってもかなり大変そうです。名シーンが再現されたものなどファン心をくすぐるグッズも多く、見ているだけでも思わずテンションが上がってしまいます。漫画を好きじゃなくても惹かれるカッコいい商品も多いですよね。種類もキーホルダーやTシャツをはじめ、革製の財布やシルバーなどと幅広く、ペアリングが販売されているお店も見たことがあります。わざわざ専門店に足を運ばなくても何かしらのワンピースグッズが身近にあるということで、グッズから入ってハマる人もいるでしょう。この身近さもまた、ワンピースファンを増やし続けている理由のひとつといえるかもしれませんね。   アニメ&映画化 映画もアニメも次々と出ていて、次の作品はどんなだろうと待つのが当たり前になってしまいました。今度はどんな感動をくれるのだろう、何度笑わせ、泣かせてくれるのだろうと期待が膨らみます。長期にわたり続く漫画作品はそれなりにありますが、何度も映画化される漫画はそう多くはないのでないでしょうか。いつか終わる日が来るのかと思うと…今は考えたくないですね。アニメ化したことで、漫画にふれることが少なくなった人も、テレビでアニメや映画を目にする機会が増え、ワンピースを知った人も多いはずです。   悪魔の実や海軍など、少し入りにくそうなキーワードがありながらも、ワンピースはすっかり世間に定着しましたね。あるときにはハラハラドキドキ、そしてまたあるときには笑わせてくれたり大号泣させられたりといつも楽しませてくれるワンピース。家族や友人、カップルでもファンになって楽しむことができる漫画はそう多くない気がします。知れば知るほど味わい深く楽しめるこの作品。ワンピースの輪は子供や大人にとどまらず、日本という垣根を越えて世界中で今もなお愛され続けています。

Read more
October 12, 2018comment(0)

人気のLINEマンガ6選

今ではスマホで気軽に見られるようになったマンガ。外出先の隙間時間にも読めるLINEマンガは手軽でいいですよね。秋の夜長のおともにもぴったりです。今回は映画化やアニメ化されたものも多い、今人気のLINEマンガを6作品取り上げてみました。   弱虫ペダル 筆者の知り合いもどハマりしています。アニメ化もされてグッズ展開やイベントもたくさん行われていますね。ロードバイクでつながる仲間たちの爽やかな青春漫画、と思いきや、競技になるとメンバーの顔が豹変。シュールな描写がインパクト大です。ストーリーはコミカルだったり、しっかりと泣かせてくれ胸が熱くなるものも。登場人物がかなり多いのですが、みな個性的でキャラクターが立っています。御堂筋のキャラの濃さはいろんな意味で持っていかれますよ。爽やかなだけじゃない描き方がクセになります。これを読むと突然、自転車の魅力に目覚めるかもしれませんね。   あのコの、トリコ。 登場人物はアイドルと地味な男の子、俳優。おさななじみの3人の関係を描いた物語ですが、シンデレラストーリーとはまた違った魅力のある作品です。地味な男の子、鈴木頼のファンになること間違いなし、というほど、彼が役者や等身大の男の子として多彩な顔を見せてくれます。「あのコ」こと雫の笑顔のために頑張るピュアな姿にキュンキュンしっぱなしになることでしょう。終始さわやかに描かれた青春ラブストーリー。映画の実写化も楽しみですね。   殺し屋1イチ 浅野忠信らをキャストに迎え映画化された作品は、暴力シーンを理由にR-18指定を受けるほどのバイオレンスストーリーですので、原作であるこのマンガも読む際にはご注意ください。ひ弱なサディストと傲慢なマゾヒストを取り巻く世界を描いた作品。主人公の青年、城井一こと1は学生時代にずっといじめられていた記憶から抜け出せずにいました。当時自分をいじめていた人物と始末する対象を重ね合わせることで彼は残忍な殺人鬼へと姿を変えます。けれど殺人への抵抗もあり、葛藤する1。幼い記憶のまま殺人を犯す姿に違和感を覚えずにはいられません。この作品には、身近にない世界だからこそ引き込まれる魅力があるのかもしれません。いろんなところが痛むストーリーです。   ハイキュー!! 舞台化もされ、テニスの大坂なおみ選手がハマっていることでも話題となりました。「小さな巨人」にあこがれる主人公と排球部(バレーボール部)に所属する仲間たちのスポーツ青春ストーリー。名言が多いことでもファンを惹きつける作品です。今自分にできることは何なのか、仲間とは、人の本当の強さとは何かを教えてくれるマンガです。スポーツジャンルは熱くこみ上げてくるシーンが多く、何となく読んでいて気づいたらハマっていた、という人も多いのではないでしょうか。最近熱中して何かに取り組むこと、忘れていませんか?   夏目友人帳 テーマが「妖怪」にも関わらず、優しく穏やかな空気に包まれて進んでゆくストーリーが心地いい作品です。のんべえで口も悪いのに憎めないキャラ、ニャンコ先生も良い味出してます。物静かな主人公、夏目に見える妖怪たちとのふれあいが丁寧に描かれています。時には対決シーンがあるのですが、基本的には自然あふれる光景と穏やかな性格の夏目、まん丸ネコのニャンコ先生という優しい色合いで物語が展開してゆきます。淡いタッチで描かれる妖怪たちも、田園風景に溶け込んでいて親近感を覚えるため、妖怪マンガを読んでいるという感覚にはあまりならないかもしれません。。   パーフェクトワールド こちらのマンガも映画化が決定した人気作品です。脊髄損傷者となった鮎川と健常者であるつぐみが、見えない壁にぶつかりながらも惹かれあう物語。健常者と障害者のあいだを隔てるものは互いの遠慮のような気遣いのようないびつな感情で、仲良くなりたいのになかなかうまくいかないもどかしさがあります。戸惑いも丁寧に描かれていて、ふつう、ふつうじゃないってなんなんだろうと考えさせられます。     漫画を読んでいると名台詞に出会うことが多々あります。当時の自分には理解できなくても今の自分には響くフレーズなどがたくさん散りばめられていて、繰り返し読むほどにおもしろみが増すのも、漫画の魅力のひとつです。昔の作品でも最近ではスマホで読めるようになっているので、漫画という存在がとても身近なものになりましたよね。ちょっとした空き時間にでも読めるLINEマンガで、心を震わせてみませんか。

Read more