エレトロニックゲームと聞くと、PCの前にお尻が痛くなるまで座っていないといけないイメージがありますが、eスポーツは今やスマホゲームとして遊べる、そしてハマるゲームなのです。

エイベックス・エンターテイメントとその他3社によるeスポーツイベントが幕張メッセで開催され、スマホのAQUOS Zeroを利用したフライト式トーナメント戦の開催もされています。

スマホの販売においても、「eスポーツが楽しめないなら購入しない」いう観念の人もいるくらいになってきていて、スマホも今やゲーミングスマホでないと意味が無いようにも捉えている人も少なくありません。ゲーミングスマホとはいえ、普通のスマホでもメモリの容量が4GB以上あればまずは問題なしともいえます。VPNなども活用できると言えます。VPNとは、仮想ネットワークの英語表記の略で、サーバーを異なる場所に持ち、ゲームのストリーミングにおいても活躍しているアプリケーションのことです。

スマホでサクサクゲームを楽しむには、サクサク遊べるように対応されているeスポーツであることも不可欠です。

ゲーミングスマホの選び方

ゲーミングスマホとは、ゲームに特化したスマホのことを指すこともできます。
グラフィックやサウンドの処理能力をはじめとする、ゲームをプレイするのに必要な処理能力が通常のスマホより高くなっているスマホ、つまり、ゲームに対応している特殊なシステムが搭載されたスマホを「ゲーミングスマホ」と呼びます。このようなスマホを利用することによって、スクリーン上に「通信環境の良いところでプレイしてください」などの表示が現れにくくなります。

ゲーミングスマホの種類

  • Black Shark2(Xiaomi)
  • ROG Phone ZS600KL(ASUS)
  • Razer Phone2(Razer)
  • Honor Play(Huawei)
  • Doogee S70(Doogee)
  • pocophone f1(Xiaomi)
  • UMIDIGI S3 Pro(Umidigi)
  • UMIDIGI F1 (Umidigi)
  • Zenfone Max Pro M2(ASUS)
  • Moto G7 (Motorola)
  • Oneplus 7 (Oneplus)
  • 番外版:iPhone(Apple)

スマホでできるeスポーツアプリのジャンル

eスポーツと言ってもたくさんの種類があり、ゲームの進め方やプレイ時のプレーヤーの視点、トーナメントのあり方まで様々です。

大まかに区切っていくと、FPS・RTS・MOBA・格闘ゲーム・デジタルカードゲーム・スポーツゲーム・パズル・レーシングに選別することが可能です。

人気のヴァンヘルシング ps4もそうでしたが、コンピュータ ゲーム 歴史は、eスポーツによってさらに変わってきています。