映画 | ゲーム

Tag Archives: 人気

Blogging
October 12, 2018comment(0)

人気のLINEマンガ6選

今ではスマホで気軽に見られるようになったマンガ。外出先の隙間時間にも読めるLINEマンガは手軽でいいですよね。秋の夜長のおともにもぴったりです。今回は映画化やアニメ化されたものも多い、今人気のLINEマンガを6作品取り上げてみました。   弱虫ペダル 筆者の知り合いもどハマりしています。アニメ化もされてグッズ展開やイベントもたくさん行われていますね。ロードバイクでつながる仲間たちの爽やかな青春漫画、と思いきや、競技になるとメンバーの顔が豹変。シュールな描写がインパクト大です。ストーリーはコミカルだったり、しっかりと泣かせてくれ胸が熱くなるものも。登場人物がかなり多いのですが、みな個性的でキャラクターが立っています。御堂筋のキャラの濃さはいろんな意味で持っていかれますよ。爽やかなだけじゃない描き方がクセになります。これを読むと突然、自転車の魅力に目覚めるかもしれませんね。   あのコの、トリコ。 登場人物はアイドルと地味な男の子、俳優。おさななじみの3人の関係を描いた物語ですが、シンデレラストーリーとはまた違った魅力のある作品です。地味な男の子、鈴木頼のファンになること間違いなし、というほど、彼が役者や等身大の男の子として多彩な顔を見せてくれます。「あのコ」こと雫の笑顔のために頑張るピュアな姿にキュンキュンしっぱなしになることでしょう。終始さわやかに描かれた青春ラブストーリー。映画の実写化も楽しみですね。   殺し屋1イチ 浅野忠信らをキャストに迎え映画化された作品は、暴力シーンを理由にR-18指定を受けるほどのバイオレンスストーリーですので、原作であるこのマンガも読む際にはご注意ください。ひ弱なサディストと傲慢なマゾヒストを取り巻く世界を描いた作品。主人公の青年、城井一こと1は学生時代にずっといじめられていた記憶から抜け出せずにいました。当時自分をいじめていた人物と始末する対象を重ね合わせることで彼は残忍な殺人鬼へと姿を変えます。けれど殺人への抵抗もあり、葛藤する1。幼い記憶のまま殺人を犯す姿に違和感を覚えずにはいられません。この作品には、身近にない世界だからこそ引き込まれる魅力があるのかもしれません。いろんなところが痛むストーリーです。   ハイキュー!! 舞台化もされ、テニスの大坂なおみ選手がハマっていることでも話題となりました。「小さな巨人」にあこがれる主人公と排球部(バレーボール部)に所属する仲間たちのスポーツ青春ストーリー。名言が多いことでもファンを惹きつける作品です。今自分にできることは何なのか、仲間とは、人の本当の強さとは何かを教えてくれるマンガです。スポーツジャンルは熱くこみ上げてくるシーンが多く、何となく読んでいて気づいたらハマっていた、という人も多いのではないでしょうか。最近熱中して何かに取り組むこと、忘れていませんか?   夏目友人帳 テーマが「妖怪」にも関わらず、優しく穏やかな空気に包まれて進んでゆくストーリーが心地いい作品です。のんべえで口も悪いのに憎めないキャラ、ニャンコ先生も良い味出してます。物静かな主人公、夏目に見える妖怪たちとのふれあいが丁寧に描かれています。時には対決シーンがあるのですが、基本的には自然あふれる光景と穏やかな性格の夏目、まん丸ネコのニャンコ先生という優しい色合いで物語が展開してゆきます。淡いタッチで描かれる妖怪たちも、田園風景に溶け込んでいて親近感を覚えるため、妖怪マンガを読んでいるという感覚にはあまりならないかもしれません。。   パーフェクトワールド こちらのマンガも映画化が決定した人気作品です。脊髄損傷者となった鮎川と健常者であるつぐみが、見えない壁にぶつかりながらも惹かれあう物語。健常者と障害者のあいだを隔てるものは互いの遠慮のような気遣いのようないびつな感情で、仲良くなりたいのになかなかうまくいかないもどかしさがあります。戸惑いも丁寧に描かれていて、ふつう、ふつうじゃないってなんなんだろうと考えさせられます。     漫画を読んでいると名台詞に出会うことが多々あります。当時の自分には理解できなくても今の自分には響くフレーズなどがたくさん散りばめられていて、繰り返し読むほどにおもしろみが増すのも、漫画の魅力のひとつです。昔の作品でも最近ではスマホで読めるようになっているので、漫画という存在がとても身近なものになりましたよね。ちょっとした空き時間にでも読めるLINEマンガで、心を震わせてみませんか。

Read more
コンピューターゲーム
February 1, 2018comment(0)

日本で最も人気のあるRPGコンピュータゲーム

日本で最も人気のRPGコンピューターゲーム3選!   大人から子供まで大人気!「ポケットモンスター」シリーズ   今やゲームの枠を超えて世界中の人々から愛されているポケットモンスターは1996年に誕生しました。 当時のコンピューターゲームではあまり注目されていなかった「収集、育成、対戦、交換」の要素を中心に据えたゲームデザインはビックリマンチョコやバーコードバトラーが大好きな子供のハートを鷲掴みにし瞬く間に大ヒットを記録します。 特に「赤、緑」とソフトのバージョンを二種類用意し、通信交換を行わないとポケモン図鑑が完成しない仕様はプレイヤー同士の交流を促し、一人遊びの要素が強かったRPGを優秀なコミュニケーションツールへと進化させました。 なお初代ポケモンの2バージョンが「赤、緑」なのは任天堂の看板キャラクターであるマリオとルイージのつなぎの色が由来です。 このソフトのバージョンを二種類用意するというアイディアは「スーパーマリオ」や「ゼルダの伝説」「ドンキーコング」「星のカービィ」など数々の伝説的人気ゲームを作り出してきた天才ゲームクリエイター宮本茂さんのアイディアです。 メディアミックスの面でも映画「ミュウツーの逆襲」のサウンドトラックが全米チャート8位を記録、外国人への「好きな日本のアニメ」アンケートで2位を獲得するなど大成功を収めます。 近年はスマホゲームにも進出しており「Pokemon GO」は1ヶ月で最もダウンロードされたモバイルゲーム、最も早く売上が1億ドルを突破したモバイルゲームなど5つのカテゴリーでギネス記録に登録される全地球規模の超ヒット作として社会現象化しました。 王道RPG「ドラゴンクエスト」シリーズ   ドラゴンクエストシリーズは1986年に誕生して以来、日本国内で高い支持を集めている国民的RPGです。 アメリカでブームとなっていたRPG「ウルティマ」や「ウィザードリィ」に感化された堀井雄二が刺激を受けドラゴンクエストの開発はスタートしました。 もしもこの時に作られたのが単なるアメリカ産RPGのパクリゲームであったならば、おそらく日本でドラゴンクエストが国民的RPGとして愛されることはなかったでしょう。 というのも「ウルティマ」「ウィザードリィ」は現在でも熱狂的なファンがいる優れた構造のゲームであることは間違いありませんが、パソコンゲームということもあり難易度が高く良くも悪くも大人向けの内容です。 しかし当時の日本のゲームユーザーは親にファミコンを買ってもらった子供が中心です。 堀井雄二ら開発チームはそうしたターゲット層の違いを理解した上で本場のRPGを日本向け、大衆向けに根底からデザインし直すことで日本人の日本人による日本人のためのRPGを完成させたのです。 フィールドに森を配置し、エンカウント率を高めることでプレイヤーが自然と森へ入ることを避けるように誘導し、道なりに歩いて行くことで不自由さを感じさせずに自然と次の目的地へ辿り着くようにするマップデザインなど初めてゲームを遊ぶ初心者でも楽しくエンディングまで遊べるようにと、考えに考え抜かれた細やかな開発の工夫はゲーム業界の偉大な伝説として今なお語り継がれています。 美麗なCGが魅力!「ファイナルファンタジー」シリーズ   ファイナルファンタジーシリーズの第一作「ファイナルファンタジー」はドラゴンクエストの発売から遅れること1年、1987年に発売されました。 当時開発会社であるスクウェアの業績が芳しくなかったことからこれが最後の作品になるだろうと「ファイナル」が冠されたというのはファンの間では有名な話ですが、中心開発者である坂口博信は「確かに厳しい財政状況だったけどFで始まる単語なら何でも良かった」とFFという略称で呼ばれることありきのタイトル決定だったと当時を振り返っています。 ライバルであるドラゴンクエストシリーズが技術の進歩の恩恵を取り入れながらも古き良き時代の古典的RPGとしてのスタイルを貫いているのに対してファイナルファンタジーは急速に進化を遂げるゲーム機の性能と歩みを共にするかのように、最新鋭のグラフィックを駆使した美麗な表現でプレイヤーの心を掴んできました。 特にプレイステーションで発売された「ファイナルファンタジーVII」の近未来都市ミッドガルのサイバーパンク感溢れる街の風景は日本人のみならず全世界から絶賛されます。 グラフィックばかりに目がいきがちですが、過去の成功に囚われず常に新しい戦闘システム、育成システムを導入するなど挑戦的な姿勢もファイナルファンタジーシリーズの魅力です。 また外伝やスピンオフ作品が多いことでも知られており2017年には最多の作品数を有するRPGシリーズとしてギネスに登録されました。  

Read more