映画 | ゲーム

Tag Archives: 街並み

ゲーム
June 13, 2018comment(0)

ゲーム,映画好きが散策したくなる世界の街並みまとめ

ゲームや映画のいいところは世界観。私個人として、そう言い切ります。とにかく世界観が素敵な作品に出会うと、その中に飛び込んで暮らしたいとすら思うものです。そんな願望を夢のままで終わらせていいのでしょうか。いいえ、そんなことをしていてはもったいない。だからこそ、飛び出しましょう。世界に、世界中には映画かゲームの場面をまるっきり再現したかのような絶妙な街並みがあるのです。   1. 韓国、全州   どこか日本の昔のような街並みでありながら、韓国らしさの色濃く残る場所、それが全州です。朝鮮王朝発祥の地とされており、1000年以上の歴史を持ちます。この場所はビビンバで有名で、観光エリアを歩けば、たくさんのビビンバメニューを目にすることができます。治安が非常によく、夜歩き回っても何の問題もありません。歴史情緒が漂うかと思えば、ドローンを売るお店があったり、流行りのVRが体験できるブースがあったりと、過去と未来が絶妙にマッチした町とも言えるでしょう。川にかかる橋には、ゆっくりと夕涼みができるスペースが設けられており、ここでお酒を飲みながら友達と談笑をする時間は素敵なものです。観光地が多く訪れる場所ではあるものの、決して、「表面的な」印象は受けません。むしろ、観光客の多くが韓国国内からであり、私たちは、国外のローカル感を十分に楽しむことができます。   2. フィリピン、エルニド   フィリピンの中でも秘境に分類されるエルニドは、パラワン島の最北端に位置します。ここにあるのは切り立った崖と、美しい海。ただのビーチずきのための場所ではない所に奥深さを感じます。食べ物の屋台が立ち並び、レストラン形式のお店に入っても、かなりの安値でカレーや串焼きなどを楽しむことができます。海がありつつ、すぐ反対側には驚くべき高さの山々があり、見上げれば、何分も…口を開けたままになってしまいそう。フィリピンの首都マニアの喧騒を抜け出して、自然に触れるにはぴったりの場所です。フィリピンの地形上、飛行機を利用することになりますが、それだけの価値はあります。フィリピンを代表するビール、サン・ミゲルを飲みながらビーチで過ごす時間は格別です。   3. 中国、香港   世界でも最も地価の高い場所として知られる香港は、その名の通り香港映画の世界に浸るにはもってこい。香港の良さは、その煩雑さでしょう。決して清潔感があり整然としているとは言いがたいからこそ「冒険心」がくすぐられます。マフィアが実は、路地裏にいたりして…と夢を膨らますのが個人の自由。香港の中でも特に地価の高い中心部の安宿に泊まってみることをオススメします。雑居ビルの中に無理やり作られたような部屋。扉を開けると、そこは異世界。何百、何千という人が小さなエリアにひしめきあいながら暮らしていることを考えると、ここにあるバイブやエネルギーを感じずにはいられません。香港は中国でありながら、英語やグローバルという言葉が最もしっくりくる場所。絶妙な融合、そして、世界をリードする先進都市を肌で感じてみることをオススメします。   4. モロッコ、タンジェ   モロッコはアフリカ大陸の北端に位置する国です。アラビア情緒が溢れながらも、ヨーロッパなどの影響も受けた不思議な場所です。いかにもアラビアンナイトのような迷宮を楽しむのもいいものですが、さらに、通な楽しみ方をご紹介しましょう。目指したいのがタンジェです。タンジェはモロッコの中でも北端に位置する都市で、歴史的に、貿易の要所として栄えました。この街の良さは、仄暗さです。暗さを感じます。旧市街の小道を歩いてみましょう。何か、裏がありそうな気がしてきます。港町であり、ここにはスパイの歴史もあります。角を曲がるごとにドキドキすらする。臨場感があって、ゲームの世界にでもいるみたいです。モロッコは治安の面から軽々しく旅行できる場所ではないとされていますが、そんな国の中でもさらにダークな匂いが漂う路地裏を歩いてみる…そそられます。     さて、今回の記事はいかがだったでしょうか?世界には、なんとも世界観が絶妙な場所がたくさんあるものです。人間の一生など限られているので、できるだけ、多くの世界を体感してみたいものです。映画やゲームの主人公になって路地裏を散策して、わざと迷ったりして…考えるだけでアドレナリンが出てきそうです。ただし、ご注意を。あまりにも入り込みすぎると何があるかわかりません。笑って「あんなトラブルがあったね」と言える程度なら思い出作りになりますが、盗難や命の危険などは是非とも注意してください。

Read more