映画 | ゲーム

Tag Archives: RPG

コンピューターゲーム
February 1, 2018comment(0)

日本で最も人気のあるRPGコンピュータゲーム

日本で最も人気のRPGコンピューターゲーム3選!   大人から子供まで大人気!「ポケットモンスター」シリーズ   今やゲームの枠を超えて世界中の人々から愛されているポケットモンスターは1996年に誕生しました。 当時のコンピューターゲームではあまり注目されていなかった「収集、育成、対戦、交換」の要素を中心に据えたゲームデザインはビックリマンチョコやバーコードバトラーが大好きな子供のハートを鷲掴みにし瞬く間に大ヒットを記録します。 特に「赤、緑」とソフトのバージョンを二種類用意し、通信交換を行わないとポケモン図鑑が完成しない仕様はプレイヤー同士の交流を促し、一人遊びの要素が強かったRPGを優秀なコミュニケーションツールへと進化させました。 なお初代ポケモンの2バージョンが「赤、緑」なのは任天堂の看板キャラクターであるマリオとルイージのつなぎの色が由来です。 このソフトのバージョンを二種類用意するというアイディアは「スーパーマリオ」や「ゼルダの伝説」「ドンキーコング」「星のカービィ」など数々の伝説的人気ゲームを作り出してきた天才ゲームクリエイター宮本茂さんのアイディアです。 メディアミックスの面でも映画「ミュウツーの逆襲」のサウンドトラックが全米チャート8位を記録、外国人への「好きな日本のアニメ」アンケートで2位を獲得するなど大成功を収めます。 近年はスマホゲームにも進出しており「Pokemon GO」は1ヶ月で最もダウンロードされたモバイルゲーム、最も早く売上が1億ドルを突破したモバイルゲームなど5つのカテゴリーでギネス記録に登録される全地球規模の超ヒット作として社会現象化しました。 王道RPG「ドラゴンクエスト」シリーズ   ドラゴンクエストシリーズは1986年に誕生して以来、日本国内で高い支持を集めている国民的RPGです。 アメリカでブームとなっていたRPG「ウルティマ」や「ウィザードリィ」に感化された堀井雄二が刺激を受けドラゴンクエストの開発はスタートしました。 もしもこの時に作られたのが単なるアメリカ産RPGのパクリゲームであったならば、おそらく日本でドラゴンクエストが国民的RPGとして愛されることはなかったでしょう。 というのも「ウルティマ」「ウィザードリィ」は現在でも熱狂的なファンがいる優れた構造のゲームであることは間違いありませんが、パソコンゲームということもあり難易度が高く良くも悪くも大人向けの内容です。 しかし当時の日本のゲームユーザーは親にファミコンを買ってもらった子供が中心です。 堀井雄二ら開発チームはそうしたターゲット層の違いを理解した上で本場のRPGを日本向け、大衆向けに根底からデザインし直すことで日本人の日本人による日本人のためのRPGを完成させたのです。 フィールドに森を配置し、エンカウント率を高めることでプレイヤーが自然と森へ入ることを避けるように誘導し、道なりに歩いて行くことで不自由さを感じさせずに自然と次の目的地へ辿り着くようにするマップデザインなど初めてゲームを遊ぶ初心者でも楽しくエンディングまで遊べるようにと、考えに考え抜かれた細やかな開発の工夫はゲーム業界の偉大な伝説として今なお語り継がれています。 美麗なCGが魅力!「ファイナルファンタジー」シリーズ   ファイナルファンタジーシリーズの第一作「ファイナルファンタジー」はドラゴンクエストの発売から遅れること1年、1987年に発売されました。 当時開発会社であるスクウェアの業績が芳しくなかったことからこれが最後の作品になるだろうと「ファイナル」が冠されたというのはファンの間では有名な話ですが、中心開発者である坂口博信は「確かに厳しい財政状況だったけどFで始まる単語なら何でも良かった」とFFという略称で呼ばれることありきのタイトル決定だったと当時を振り返っています。 ライバルであるドラゴンクエストシリーズが技術の進歩の恩恵を取り入れながらも古き良き時代の古典的RPGとしてのスタイルを貫いているのに対してファイナルファンタジーは急速に進化を遂げるゲーム機の性能と歩みを共にするかのように、最新鋭のグラフィックを駆使した美麗な表現でプレイヤーの心を掴んできました。 特にプレイステーションで発売された「ファイナルファンタジーVII」の近未来都市ミッドガルのサイバーパンク感溢れる街の風景は日本人のみならず全世界から絶賛されます。 グラフィックばかりに目がいきがちですが、過去の成功に囚われず常に新しい戦闘システム、育成システムを導入するなど挑戦的な姿勢もファイナルファンタジーシリーズの魅力です。 また外伝やスピンオフ作品が多いことでも知られており2017年には最多の作品数を有するRPGシリーズとしてギネスに登録されました。  

Read more
ゲーム
December 21, 2017comment(0)

大ヒット国民的RPG! 『ファイナルファンタジーXV』ゲーム紹介と感想

ファイナルファンタジーXVのゲーム紹介 ファイナルファンタジーXVは、人気ゲームシリーズであるファイナルファンタジーシリーズの15作目にあたるナンバリングタイトルです。そして、このゲームは、リメイク以外で初めてプレイステーション4で登場したファイナルファンタジーになっています。映像美はプレイステーション4の力で圧倒的に強化され、さらに、オープンワールドというファイナルファンタジーシリーズの歴史を塗り替えるようなゲームになっています。従来のターン性による正統派RPG出会ったファンタジーシリーズから一転し、アクションゲームとなっています。そのため、従来のターン性は完全に撤廃されています。今までターン性だからといってファイナルファンタジーシリーズを遊ぶことを避けていた人たちでも遊ぶことができるゲームになっています。また、ファイナルファンタジーXVは、ダウンロードコンテンツが豊富であるという特徴を持ちます。種類は豊富なため、すべてのダウンロードコンテンツを無料で入手することができる権利であるシーズンパスも販売されています。従来のファイナルファンタジーは、ストーリーが終わってしまったらそれまででしたが、今回のファイナルファンタジーXVは、本編が終わってしまったとしてもダウンロードコンテンツを購入することで、新たなストーリーを楽しむことができます。さらに、今公開されているもの以外にもこれから随時ダウンロードコンテンツは追加されていく予定なので、より長い期間遊び続けることができるゲームです。このように、ファイナルファンタジーXVは、新たな要素をたくさん詰め込んだファイナルファンタジーです。 ファイナルファンタジーXVのストーリーは? 今作の主人公はノクティスという男性で、一国の王子という立場にあります。そして、彼には幼馴染であり婚約者でもある24歳のルナフレーナという女性がいます。ノクティスのいる世界には、デナブラエ、二ビルハイム帝国、ルシス王国という3つの国が主にあります。そして、二ビルハイム帝国とルシス王国は長年にわたって戦争を続けていました。ノクティスはそのルシス王国の王子という立場で、ルナフレーナはデナブラエの貴族であり、神と話をすることができる神凪という巫女です。物語は、ノクティスが旅をしている途中に起こったある出来事から始まります。それは、調印式で帝国が裏切り、ルシス王国が帝国に占領されてしまったことです。そして、その場でノクティスの父にあたる国王レギスがやられてしまいました。ノクティス一行は、急いで街に戻ったものの、すでにルシス王国は選挙されていました。そして、それを取り戻す復讐の旅というのがファイナルファンタジーXVのストーリーです。ノクティス一行は、街を取り戻すために各地に武器を収集しに行きます。そして、実は世界は崩壊に向かっているという情報を手に入れ、それを救うために戦うことになります。また、武器だけでなく神の力も収集していきます。ノクティス一行には災難が続いていきますが、最終的にはすべての元凶を倒すために、ノクティスは老化するという代償を支払ってアーデンとの対決に向かいます。アーデンを撃破する際には、バハムートとシヴァの力を借りました。こうして世界の崩壊をノクティス一行は無事阻止しました。 ファイナルファンタジーXVの感想 まず、一番最初に感じたことは、ターン性ではないことへの驚きです。今までファイナルファンタジーシリーズといえば、ターン性を採用しており、頭を使って次のコマンドを考えるという楽しみ方をしてきましたが、今回は仕様が全く変わっており、従来の楽しみ方ができませんでした。しかし、アクションゲームが苦手ない人でもとりあえず最終ボスを倒してストーリーをクリアすることはできました。また、アクションゲームの楽しさをファイナルファンタジーXVを通して知ることができました。RPGという視点から見ても、ファイナルファンタジーXVのストーリーはとても面白く、まるで自分がそこにいるかのような感覚に襲われるほど作品の中に入り込むことができました。そしてそれを支えたのは、圧倒的な映像美です。プレイステーション4の性能を余すことなく発揮して作られたファイナルファンタジーXVは、もう一つの現実世界がそこにあるかのような体験をさせてくれました。また、ファイナルファンタジーシリーズの伝統である召喚獣に関しても、過去最高のクオリティだったと感じました。特にタイタンの迫力は、今までプレイしてきたゲームの中でもトップレベルですごかったです、ほかの召喚獣も今までのファイナルファンタジーシリーズの中でもトップクラスの迫力で、なおかつ美しかったです。今作から新たな取り組みとして行われたオープンワールドというゲームシステムですが、これはファイナルファンタジーの世界を隅々まで探索することができ、大変いいシステムだったと感じました。ただ指示に従って動くだけではなく、自分で好きな場所に行き好きなことができる自由度は、今までのファイナルファンタジーにはなかった要素でした。

Read more